レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
冬眠から覚めても太
ベルン姉妹の姉が売ってねー。まあ再入荷するって言ってたのでいいのですが。妹の方は結構売れ残っているのですが、アレですか? 姉より優れた妹はいねー、と言うことなのでしょうか。それともどうせ2体とも同じ感じだから、姉だけでいいやーという話なのでしょうか。

何かテキトーに。

金森「むむぅ」
社長「どうした金森、体重計の上で唸って、ああ太ったのかイタっ!」
金森「レディの秘密を覗いちゃ駄目なんだよ!」
社長「どうせ健康診断の報告書に書いてあるんだけどな」
金森「それでも! やっぱり大事な人に直接見られるのやじゃん?」
社長「別に少しくらい太っただけで、給料を減らしたりはしないぞ」
金森「そういう意味じゃないんだけど」
社長「しかし、また結構太ったな。冬は体を作るものだけど、」
金森「わーわー! 言っちゃ駄目!」
社長「二人しかいないンだから別にいいだろ?」
金森「そういうもんだいじゃないの! デリカシーないんだから!」
社長「まあいいが。しかし、やっぱり食べ過ぎたのか?」
金森「んー、冬は食べ物美味しいしねぇ。おせちとか、餅とか、クリスマスケーキとか、チョコレートとか」
社長「イベント限定だな」
金森「後、お鍋もいいし、カレーもいいし、鰤とかもおいしくて、暖かいものなら何でも良い感じだし」
社長「テキトーだな。しかし、冬に太るなんて冬眠する動物みたいだな」
金森「アレは秋食べて冬は寝っぱなしだからちょっと違うんじゃない?」
社長「かね? じゃあ春先になったら、食べるもの少なくなるのか」
金森「んー、とりあえずひな祭りの時に甘酒のむし、お花見するし、新作スイーツ出るし」
社長「……何時もくってばっかぽいな」
金森「ま、その分、運動するから大丈夫」
社長「大丈夫じゃなかったら太ったんじゃないのか? つーか、結構な練習量あるのに太れるってお前はどんだけ……」
金森「そ、そんなに食べてるわけないよ! 寮のメニューなんだし。社長も知ってるでしょう」
社長「3時には昨日、何食べた?」
金森「えーと、ジャンボパフェ二つに、チョコレートケーキ食べたでしょ、後はおせんべい食べて」
社長「……」
金森「あ、え、えっとこれはそう! 夜食もあわせてだよ、うん!」
社長「……一日5食か」
金森「……えへ♪」
社長「えへ! じゃないよさすがに! そんなにきびしいこと言うつもりないけど、ちょっとは限度ってもんをしっとけ! だいたい、寮のメニューで十分なんだぞ!」
金森「だって、寮お菓子でないし痛い痛い痛い! ほっぺひっぱひゃだめ!」
社長「ったく、食いすぎてるからよく伸びるんだぞ。必要なところには大きくならないしがっ!」
金森「とりあえず、社長とスパーリングして汗をかこうと思いまーす」
社長「待て待て!! 悪かったからいてぇ!」

まあよくある話で。冬は太るし、春も太るし、夏も太るし、秋も太りますよねーw 成人病まっしぐらってぇやつです。先人が色々と苦労しているのに、人類は繰り返してしまうのです、はい。いやまあ、運動は始めているのですけどねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。