レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
酔っ払いの
喧嘩番長と格闘技イベントがコラボするそうな。戦闘時に腕十字だとか、ヒールホールドだとかスリーパートか使えたりするんですかね? 喧嘩番長のよく浮く形だとちょっと変な感じになりそうですが。紅南勢が公開されていますが、番長を辞めた速水が出てくるのかどうかが気になるところですね。でも、退学は勘弁な! 提携した格闘技イベントに裏ボスとして登場する、というのも面白い?

全日で酸拳の銅メダリストの方が入団したのだそうな。まあ、酸拳そのままをプロレスに使えるかというと使えないでしょうが、色々と改良するなり応用するなりすれば面白くなるかもしれません。次回作で、金森に酸拳が使われる時が来るでしょうか。

金森「うんーと」
美沙「なんでお酒持って練習場にいるのですか? 怒られるですよ」
金森「いや、酸拳って言うのをやってみようかと思って」
美沙「酸拳は別に酔っ払って戦っているわけではないですよ?」
金森「そうなの?」
美沙「なのです。あれはただ単に、酔っ払いの動きを参考にしているというだけなのです。五形拳や蛇拳だって、別にその動物そのものになるわけじゃないのでしょう?」
金森「まあ、そうだけどさ。それじゃ、どうやればいいの?」
美沙「え、それを美沙に振りますか。普通、自分で調べるものなので」
金森「まあまあ、先輩命令ってことで。美沙ちゃん教えるのも調べるのも、団体じゃトップクラスに上手いし。ね、お願い?」
美沙「まあ、別にいいですけど」
金森「ありがと、後でケーキ屋さんを紹介するね!」
美沙「おごってはくれないのですね」
金森「うん! もちろん!」

まあ、特にオチなし。拳法にはロマンがあるという感じ~ 実際使うのは難しいでしょうけれどね。ジャッキーとかブルースリーの影響か。日本で、空手家や柔道家が暴れまわるだけの映画、というのも少ないですかね、知りませんが。斉藤さんが映画に出るとそんな感じになるのかもしれませんw あるいはスーツアクターかw 拳法系の人が殺陣指導するというものよくある話。やっている人よりやられている人の方が強いということもw

宮城では今度は性犯罪者にGPSを着ける、ということをやるとかやらないとか。再犯率が高いからだそうですが、他の犯罪も再犯率は高いし性犯罪だけ飛びぬけて高いという風説は、怪しい話でもあるそうな。なのに性犯罪だけを特別扱いするのは、かなり無理があるし、判決以外の余計な制限を設けるのが正しいのか否かというのもある。

刑期が終わったのに、他の前科者と違う扱いを何故か受けなければならないという事にもありますし、費用対効果の問題だってありますしね。性犯罪とかいって過剰反応しすぎなんじゃないの? という疑問と明確な根拠もなしに他の刑罰との平等性がないのが問題。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。