レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
もうちょっと続けるカードゲームな妄想
中公新書の伊藤博文は、色々と面白いですね。歴史学者じゃないのでテキトーですが、国権主義者とでもいうのか、藩閥制の擁護者みたいな言われ方を一般的にされていたらしいですが、ちゃんとよく使われている資料を読むと、民衆の知力の発展とそれに基づく民主制の健全な発展を目指した、極めて良識的な政治家みたいですから。まあ、学問にせよなんにせよ積み重ねなので、一つ間違いが混じると色々と狂ってくるのは、桶狭間だとかそー言うのでもよくある話。プログラムで何処がバクったのかとか、帳簿で何処が計算間違いよみたいな話。

眠れないので戯言でも。レッスルの話題というか、またアンケのプゲーの話題。如何なる意味でも使いようのない話題ですが、こういうことを考えるのは楽しい、本人的に。仮に意見募集が公式に行われても、さすがに送りようのない話でもあるので、獄小どころか限りなく意味はゼロに近い=意味ゼロだったりはするのですが、まあその辺りはいい加減くどいのでどうでもよし。

前回の話的には、レッスルもカードゲームだったけど、もし仮に本当に企画が通ったら、レッスルのカードシステムを踏襲するとは限らないんじゃね? なら、どういうシステムがプゲーぽくなるか妄想しよう、みたいなお話しでした。まあ、一応、詳しくはこちら。

簡単にまとめれば、プレーヤーはプロレス技等が使われている技カードを50枚ほど選んでデッキとする。で、カードには小技、大技、受身みたいな種類で、それぞれ相手に状態異常なり何なりで、技を決めやすくする、ダメージを与える、相手の攻撃を無効化したり自分を強化するみたいな相性があると。

基本的な雰囲気は、大技を無理に決めようとすると小技で止められる、小技は受けで無効化され、受けは大技のダメージを抑えきれないみたいな感じか。さて、まとめとしては、後は気合ポイントなりなんなりが受けを続けたり負けるとたまっていき、スキルが発動したり必殺技が使えるようになるみたいな感じで前回は全部であろうか。

改めて見直せば突っ込みどころ満載ですが、まあどうせ単なる妄想ですし。小技の問題は、ラリアットが必殺技の人と繋ぎで使う人がいるがどうすんの、みたいな問題がありますが。難易度で別の効果が付属するとかそういうので解決と言う、ある意味伝統的な感じでどうぞ。

ではちょっと発展させていきましょう。小技で崩して大技でしとめる。あるいは受けて受けて大技を決める、と言う形を繰り返して勝利を目指す。色々と相性があって、それで小技で崩しきれない大技みたいなものとか、受けに失敗する小技みたいのが出来ると。そのあたりは、打撃、極、パワー、投げ、飛びで相性をつけるのもいいのですが、まあ違和感バリバリになるからちょっと無理ですかね? 別に極め>投げ>パ>極めではありませんから、難しいところか。

まあ、一つの逃げ方は特に具体的な属性にせず、青とか赤とか緑とかにして色毎に属性がある、と言う形にすることですか。で、同じドロップキックでも、色があると三すくみになっていると。まあ、普通のドロップと低空ドロップなどの似た技は、色により技分けしておくという手もあるのですが、でも正拳突きとストレートが勝ちあって、一方が負けたりするのはおかしくない? みたいな感じにもなってしまう。


技のリネーム機能を考えれば、色毎にリネーム設定できるから好きにしてね、という感じにもできるから色分けのみで技名無変更の方がいいかもしれません。この場合、全部変更めんどくさいからコピーだとかまとめて変更だとかが出来るといい感じかどうか~ 色ごとに性能が異なる、みたいな風にすると簡易の種族デッキみたいになるのでしょうか? 同じ技なのに性能が違うと言うのも変ですが。リネームや想像力でイメージしろ! ということでw

あんまり種類を増やすと、カード枠を圧迫しすぎですが。技の種類がレッスルでも200種類ですからねぇ。それで例えば5色に色分けして、難易度も、とかやると5千種類を超えかねんw それで50枚だから、数の多さがやりすぎ&カード枠が多いのに少なすぎると言う不満が出るかもしらんw そのあたりのやばげなところはユメ落ちならぬ妄想ですので、はい。

続けましょう。体力の他にスタミナを別途入れるのもいいかもしれない。小技で状態異常とかするより、スタミナを削れる方が管理と説得力的に楽ですし。技を使うだけでもスタミナ消費があるとかにすれば、ゲーム的な戦術も増えるし後々のバランス取りも楽になる? ゲーム的には、スタミナがMPで体力がHPと言うイメージですか。

ただ、それだと体力を削ってこう難易度技を極めればいいと言う感じになるので、むしろシールド値みたいなものになるでしょうか。シールドを削られると大技を極められやすくなるという感じ。スタミナとの違いは、シールドは回復が楽と言う風になると。シールドの最大値を削ることも可能にすればいい。そうすれば、体力との差別化も出来るし、小技で崩すというイメージを上手く表現できるかと思われ。シールドだとロボモノっぽいので、ここは勢いとでもするべきでしょうか。勢いに乗っていれば、大技を極める説得力が沸くという感じで。ガロウ伝のゲーム版みたいな精神ゲージを思い浮かべれば分かりやすい? なら精神力でもいいでしょうか?

後、カードのストック自体を自分で初めからキープしているものと、山からランダムで引いてくるもの、みたいな感じにするといい感じになるでしょうか? まあそれだと1ターンキルとかの固めみたいのがやりやすくなったりするのですが、まあ体力自体は多めにしておけばいいですか?

そろそろ睡魔が来たのでまとめますと、HP(体力)とMP(スタミナでもシールドでも精神力でも勢いでも何でも)があり、MPが低いと大きな技が決まりやすい。なので、基本は互いのMPを小技で削りあって相手が低くなったところで大きな業を使うと。ただし、カードは色分けされていて色毎に相性があるので、相性が悪いと小技でも大技に負けるし、あるいはMPが低くても相性の悪い技を出されると攻撃が成功しない、また、同じ技でも色毎に性能や効果が微妙に異なる、と。

まとめると微妙な感じですねぇ、ウーム。自分の頭の悪さが浮き彫りになる感じ~ まあ、暇つぶしですし眠れない夜のたわごとと言うことで、一つご容赦を。しかし、睡眠薬がのど通らないのは何でですかねぇ? 毒物扱いデモしているのであろうか。風邪薬なら通るのですが~

ある小説が、例の都条例で企業から自主規制を求められたという話がありますが、さてはて。仮に本当なら、小説は関係ないのに情けなさすぎる話なのですが、企業としては色んな方策を画策しておくものでもある。まあ、こういう話が起きたときに目くじらを立てて、余計な屈服をさせないようにするというのも手ちゃっ手なんですが、礼儀も忘れてはいけないしでバランスは難しい話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG