レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
ゲームその他? やれやれな感じか
寒いですねぇ。寒い寒い。まあ、寒いのもまた一興とでも考えておきますかね。寒さに震え家に帰って、ほっと一息するのは乙なものである故に。うどんがうまいですしね。

出版社に対し何処の誰だか分からない連中と発言した都知事は、今回の青少年健全育成条例で、小学生を強姦するマンガを小学生に見せないために作っているのに、マスコミがちゃんと報道しないから大騒ぎになった、などとぬかしていたそうな。

まず第一に、一般的に強姦含む過度の性描写は、成人指定の自主規制を受けるため小学生は買えません。成人指定を受けたものは、18歳未満への販売は条例的に禁止されていますので。また、書店でも売り場を制限するように、変更前の条例で定まっています。もし子供がもっていたら、それは売った書店の責任で、条例で指導等を行うことが出来ます。また、仮に目に余るもので成人指定がなくても、改正前の条例で都が有害図書指定が出来ます。

このあたりの事は、既に都議会ですら言われていたはずなんですけどねぇ。耳が遠くなっているのであろうか? 今回の条例で反対を受けているのは、現行の自主規制を無視し、曖昧で広い範囲に制限を設け、さらに近親相姦描写の禁止、法律違反の描写禁止など、特定集団の倫理を青年誌等にも強要しまた物語を現実の法の鋳型に押し込もうとしている等々から、こち亀の秋本治氏や小学館等が反対声明をだしているわけで。わざと言っているんじゃないかと思うくらい噛み合わないですよね、ほんと。

児ポで、宮城では単純所持の禁止を企んでいるんだそうな。何度も言ってますが、別に児ポを根絶するという努力に否はないです。しかし、方法に問題がありすぎる。憲法違反、という話もあるし、単純所持の禁止自体が、本人が意図しないうちに犯罪を犯す事態、及び犯したと思われる事態を大量に生んでしまう、警察による越権及び犯罪自体を作り上げるというもの等などから、極めて危険なんですけれどね。

例えば、エロ本に18歳未満が、年齢を偽って出ていたということがたまにありますが、その場合、出版した業者だけでなく、書店や購入した人間全員が犯罪者になるわけで。1000冊売れれば、1000人犯罪者が出来てしまうわけです。15歳前後は、医者ですら見て18歳以上か判別ができないのですから、回避は難しいです。あるいは、着エロみたいに一見違法とは判別ができないものが、取り締まられる時だってありますしね。子供の写真を撮ったら単純所持違反にだってなりえますし。

事実を知って破棄したところで、購入したという履歴は残りますから。それで警察捜査を受ける可能性だって高いですし。ネットはさらに問題で、間違ってみた、知らずに見た、何か踏んだら児ポだったというだけで、閲覧=キャッシュダウンロードしていることが多いですから、これを単純所持として法律違反扱いになる恐れがある。

もう一つ言えば、公開しているE-メールに悪意を持って児ポを送られた場合、それに気づかなくて単純所持違反、という事だってありえますから。迷惑メールフォルダに入ったら、別に確認しませんしね。その中に児ポがまぎれてたら違反になると思いますよ? 誰が迷惑メールフォルダにわざと保管していないと証明してくれるのですか? 誰も自分が悪魔でないと証明出来ないんです。海外では、児ポを削除しても警察が復元して法律違反だ、ということをやったりしてますし。

昔、法律に反していない時に手に入れたものも違法、宮沢りえの17歳ヌード写真とかも昔は違法でありませんでした。そういう諸々の問題点があるのに、じゃあそれで本当に児童を保護できるかというと怪しいところですから。単純所持を禁止したところで、虐待が防げるわけではないですし、閲覧すること自体に。頒布は方は既に法律違反で、頒布目的でもっていても法律違反です。

ついでに言えば、情報を閲覧すること自体には、それが例え児ポという卑劣なものであれ、いかなる害も発生しない。誰がどんな目的(虐待の概要を調べているのかとか)で見たかなんて、捜査しないと閲覧者以外の第三者は誰も知りようがない、見るという行為は自分以外の外部と一切つながらないのですから。所持自体の完全な根絶なんて不可能ですし、仮に出来たとしてもソレを証明するのは悪魔の証明なのですから不可能、その不安が消せるわけでもない。

さらに言っておくと、この宮城条例、マンガも規制に入れるとか戯けたことをぬかしているようですし。絵に人権もないし、絵を見たから犯罪を犯すかというと、科学的に証明されていないことですし(否定的な意見が主流だとか)。確か宮城の方では、成人マンガが一般に流通しているなどというたわけたことを委員会で言ってたりしたはずですから、心配になりますよね。

いちいち違う地方のパブコメとか、そんなに送らないんですけれど、あまりひどいようなら考えないと。具体的な規制ですしね。頭が腐っている私の意見なので、大した意味はないでしょうが。しかし、そんなの取り締まっているのなら、被害、虐待を受けた子供の迅速な保護とセカンドレイプ対策デモしたほうがナンボかマシ。必要なのは法を不必要に拡大することではなく、ソレをちゃんと運用することなはずなのですけれどね。

児ポのブロッキングも企図されているようですし。それ自体にも検閲の禁止に反している、及び通信法違反なので私は否定的なのですが、100歩譲ってやるなら、オーバーブロッキング対策は、ぶっちゃけできないことを前提に制度を作って欲しいですね。

手段としては、何をブロッキングしたのか何らかの手段で一般にも公開する、例えば申請があれば見れるようにするとか。既にブロッキングされている以上、公開しても問題ないし、申請ならそれが悪用されても責任の追求が容易。あるいは、第三者機関なる政府のお手盛り機関のみに、権限を集中させないなどなどしないと、ほんと検閲国家が出来上がってしまいますよ? ブロッキングの恐ろしさは、ブロッキングされていることすら分からなくなることですから。日本版チャイナ金盾の完成とかになったら笑うに笑えん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG