レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲームその他 ドラちゃん復活するんですって
中世の足利義政というと、飢饉の時に宮殿を増築したり日の富子との絡みとかといい、暗愚の代名詞みたいな将軍ですが、でも花の御所とかの宮殿増築も、それで飢饉の難民を雇って生活を保障する、というような一種の公共政策だ、という話もあるようで。日の富子の方も領地の収入から、利殖で国政を賄うという田沼意次みたいな表かもあるそうな。歴史はやはり色々と面白い&そう簡単には評価が定まらないですよね。

でも、義政の難民政策はは、そうやって保障していったら、皆が皆京都を目指せば何とかなると思い込み、保障できる以上の難民が集まってしまったものだから破綻→京都の飢饉がひどくなる、というなかなか皮肉な結果になってしまったのだそうな。まあ、元手がないと公共政策は上手くいかないという、なにやら現代にも当てはまりそうな身につまされる話。ちなみに、民間の飢饉救済の勧進に幕府が投資したり、官から民みたいな流れもあったそうな。

ダンガンロンパの声優が豪華だそうですが、特に豪華なのは大山のぶ代女史こと、ドラちゃんが起用なされているところでしょう。公式サイトでは悪いドラちゃんの声が聞けますよw うーむ、とっても懐かしいわマジで。作品自体は、グロというか痛い(イタいではなく)表現が多そうで個人的には苦手な感じだったので、スルー使用かと思ったのですが、なにやら興味がわいてきました。

ゲームは推理ものという奴で、強いて言えば『汝は人狼也や?』をゲーム化したような感じ。何者かの企みで15人の人間が、窓に鉄格子が嵌った牢屋のような劣悪な環境の学校に幽閉されてしまい、脱出したければ他の人間を殺せという風に命令される。で、仲間の中の一人が、実際に他の仲間の一人を殺してしまう。そして、その殺人犯が誰かを、学級裁判という名の犯人含む生き残った仲間の投票で決め、最多で投票された人間が犯人として裁かれる。

見事本物の犯人が最多投票されれば殺人者が死亡する。しかし、失敗して間違った人間を犯人としてしまうと殺人者以外の仲間は全員死亡、殺人者は幽閉された学校から脱出できる、というバトルロワイヤルな話、別にキラークイーンでも良いですはい。この学級裁判中に、主人公は仲間と議論して誰が本当の犯人かを捜し、学級裁判で断罪するのを繰り返す、というゲームです。

単純な推理ではなく、議論というところを表現するため、オトゲー風味なところがあり、議論は某ニコ動みたいにリアルタイムで流れてくる主張から、推理とは矛盾した主張を指摘したり、推理をひらめいた時、リアルタイムで沸いてくる正しい言葉を選択したり、犯人と思われる人間とタイマンで議論して相手の主張を、リズムに合わせて打ち抜いて封じたりする。こういうアクションを取り入れ、実際に議論したりする雰囲気を作りたいのだそうな。

推理モノは一番書くのが難しい、というのが個人的な見解ですが、せっかくドラちゃんいるのだし色々と期待したいところ。アクションはあれですね、オトゲー風味の単純なものですが、なるべく難しくなく且つ単調にAボタン連打、とかにならなければ楽しめるのではないかと。

推理はさておき、シチュエーションは色々と期待したいですよね。ルートは初回ランダム、二週目以降は以前プレイしたルートを除いて(再プレイも選択で可能)またランダム、みたいな感じにして15人いる仲間全員が犯人になる可能性を作って欲しい。キャラ皆超高校級のなんたら~ とか紹介されていて濃い感じですし、ルートが一つだけだと殺されるだけのチョイ役で終わりとか、殺人して罪を主人公に擦り付ける嫌な奴で終わりとかになりますし。

一方のルートでは極悪人だけど、他方のルートでは主人公の友人としてサポートしてくれる、となった方がキャラのいろいろな側面が彫りこまれますしね。そっちのほうが、ゲームの特殊な環境の残酷さを強調できますし。どのルートでも殺人を起こすor殺されるというのも、そのキャラの個性としてありかと思ふ。

その他、逆に殺人者になって上手く逃げ切るエクストラモードみたいのも欲しいですね。殺人を犯して上手く証拠を消し、さらに罪を他人に押し付けると。普通に考えると逃げるのは、ムチャクチャ楽なのですが、そこは相手は超高校級の兵の集まり、些細なヒントからこっちを追い詰めてくるという感じ、どころか殺人にすら抵抗してきて悪くすれば返り討ちを食らうと。

シナリオとして予想できるのは、殺人の実行者と計画者が別の共犯で実行者は裁かれたけど計画者は生き残って孤立する、あるいは二人まとめて死刑、もしくは殺人者に心酔して自分を殺人者と思わせようとする狂人の登場、殺人を犯したと思ったけど実は死んでなく、別の人間が止めを刺したというシチュエーション、殺人の原因だが故意ではなく自身も殺人を犯したとは思っていないという状態、複数同時殺人、上の返り討ちの末に殺してしまう正当(過剰の方が正しいか)防衛型、何となしの行動が相手を死に至らしめどうしようもなくなっちゃった良い人、等等。

あのドラクマなら、「病気の子がでちゃったみたいだから、やさしい僕がお薬を用意しておいたよ。はい、飲ませておいてあげてね! うぷぷぷぷ」とかいって毒を渡すくらいはやってくれるはず! 殺人をそそのかしたりする部分は、事件解決編でぜひドラフルボイスでやってもらいたい!

声優さんはドラちゃんだけでなく、ベテラン有名人ぞろいで豪華絢爛だそうな。私は、ドラちゃんことのぶ代女史しかわかんないけど。発売日は11月25日でPSP、モンハンとか色々とかぶっちゃってるそうですが、さてどこまで健闘できるか! のぶ代女史は、ドラえもんという偉大なキャラを演じ続けたというのは大きいですが、ご自身が下したドラ以外の声優を行わないという制約も大きかったので、ぜひこれから色々な仕事をなさっていただきたいですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。