レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲームその他 セーサクゲーム
検察が小沢氏逮捕~ とかやっているそうで。まあ、その辺りは捕まった石川議員も含めて無罪になる可能性もそこそこあるそうでで。逮捕されても裁判で有罪にならないと、誤認逮捕という事になるのですが、日本だと逮捕=有罪みたいな感じになって変な話です。容疑者なんだから、もっと自重して報道されるべきだと思うのですが何なんでしょう? まあ、黒そうか否かと問われれば黒そうだと思いますが、思うだけで罰する事は出来ないのであります。政治資金規正法も、と浅はかな知識をひけらかして、これ以上アホがばれるのは困るので止めておきましょう。

インディケイドというインディーゲームの祭典みたいのが、アメリカで行われているという記事が4ゲーマーズでありますな。日本からの参加も期待しているのだそうな。カリフォルニアでやっているのに無茶言うなとしか。よほど気合入ってないと無理でしょうけれど、どこかでるんでしょうかね。

IBMがシリアルゲームでシティワンというシムシティをシリアスにしたようなゲームを出すそうですよ? 都市問題をどう解決するかという、政策的なゲームなんだそうで。本年夏くらいリリース。シムシティ、とは大分感覚が違うでしょうが、ちょっと期待して待って降りましょう。買うなら輸入買いになるでしょうけれどね。ローカライズは、期待するだけ無駄?w 一応、日本IBMもありますけれどw

日本もどっかつくればいいのにね。個人的には、破綻した地方自治体を立て直すのが如何に大変かとかそんな感じので。あるいは、現実感の低い過疎村を立て直す方法とかをシリアスに。あるいはあるいは、派遣が如何に年収を貯めるかみたいなゲームでも。不謹慎? 現実を知らしめるためならば、不謹慎ぐらい受け止めないと。

現実感のないことは、如何に理屈を捏ね回そうとも所詮は空想と同じ扱いなので。それに対して現実感を与える一助として。思考を鍛える、というのは現実感を持つということでもありますからに、大人のためのゲームって感じですかね。或いは中二向けゲームw 中二は現実を知りたいのであります。

現実感というと、過度の流血やら殺傷表現は控えなければいけない、という社会的な決まりごとみたいのがありますが、それはどうなんだってたまに思います。だって、人を切れば血が流れるものです、砕けば骨が飛び散り内臓がぶちまけらるでしょう。極端な例ですが、実際やったら(やったらいけませんよ当たり前ですが)真実であり、そういう恐ろしい現実があることを子供に知らしめる、という意味で暴力表現はむしろ過剰なくらいでもいいのではないかという理屈も、成り立つかどうかはさておきw

子供はゲームやりすぎて現実感がなくなっているなんていう馬鹿理論が跋扈する一方、現実をリアルに表現すると過剰で暴力的! 規制だと呼ばれる世の中、どうしろと?そもそも、表現的には、相手の心にどういう形であれ届くことが目標の一つな訳で。それを制限される、されてもいいやと表現者自身が思っていそうな雰囲気がどうなんだろうねという気もしますが。まあ、人それぞれではありますけれどね。

そういえば、シムシティのマネゲームも色々あるっぽいですけれど。まね(というと失礼だが)ゲーのとともの3は値下げだそうで。直前に値下げされると、なんかやばい事情でもあるのではないかと勘繰りたくなるのは陰謀脳という奴かw まあそれは右においておいて、携帯やブラウザゲーが主流っぽいですよね、そういう都市シムのって。

話は劇的にずれて、PTAが都の青少年条例に関して賛成の署名を集めているのだそうな。但し、PTAの会長は条例を作った当事者の一人、とか言うアホな状況ですが。作った人間が賛成の署名集めてどーする。高校のPTAは慎重、署名云々の小学校だかなんかのこっちのPTAも独断専行臭いみたいですけれどね。

『どうする!?どうなる?都条例ーー非実在青少年とケータイ規制を考える』。山口弁護士や藤本由香里教授が、講演会(でいいのかな?)をやるそうで。豊島公会堂(池袋駅の近く)で5月17日、午後6時半から9時、途中入退場は自由で、料金無料。お暇なら是非どうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。