レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
称号で補正をつけキャラに役割を演じさせる云々 補填
エンドレスエイト結局、8回もやったそうな。京アニもある意味、文学的です。文学というのは、元来、表現すること自体を重視して、それが一般受けするか否か、価値を持つか否かは、2の次というものだそうで。だから、受け入れるものが、100人未満でも基本的に良いんだそうな。

理解するものがゼロでも、そういう表現、存在がある事を知らしめる、それが文学の目的。いやまあ、だからといって人気シリーズで、んなことやる必要があるとは思いませんし、京アニの行動が、正しいとは思いませんけどw 早く消失を作る作業を始めるんだ!

本日のレッスルの話題はこちらで書く事忘れた内容です。妄想を補っても妄想である事には代わりがない訳ですが、眠いので、とりあえず、いつもどおりテキトーに。内容的には、称号の効果と成長性は無関係じゃないと使いづらくていかんと言う程度です、はい。

さて、長々と書いた前回のお話をまとめますと、様々な効果を持つ称号やキャッチフレーズをプレーヤーがキャラクターに付けられるようにする事で、その選手に様々な役割を割り振り演じさせる事がゲーム的に擬似的に可能になり、また選手育成の幅や戦略も広がる、プレーヤーの想像を強化することができる、といったような内容でした。

で、書き忘れた事ですが、称号の補正について、選手へのパラメーター成長率とかに影響する補正を作ってはいけませんなんていうこと。試合結果による評価値や人気の上下等以外に対する、育成、普通の練習とか特訓とかにマイナスに働く要素は、除外したほうがいいというだけ。

何でかっていうと、育成にマイナス補正のかかる称号を使いづらくしてしまうからっていうのと、目的的にあくまでキャラに演じさせるもので、演じている役と練習結果は別というものの二つ。以上とやっても大丈夫そうですが、一応上手く説明する自信がないですが、吹いてみましょう。

育成にマイナス補正がかかると、どうしても忌避されると思われるのですよね。選手自体が弱くなってしまう事自体が試合で使いにくくなりますし、アイドルから本格派への転向とかが難しくなります。また、成長時期がある以上、付ける時期や方法を間違って弱小選手になるというのも困るし、それを恐れて、若しくは成長の難易度を上げる形になって自由度が下がるのはよろしくないかと。

人気度とかなら、現行、試合で影響ないですからベルト奪取とかが不可能になりませんし、成長率ほど長期的な選手への影響は少ないですから。弱く育ったのを強くは成長時期があるためシステム的にできないけど、不人気を人気があるようにするのはいつでも可能である。不満があったりすれば、称号の付け替えで対応できますし。

それに、人気や評価は外部のものですが、成長性は選手本来のものですし役割の割り振りで変化するのはおかしい。あと自分が後、損な役割を割り振られていても、実際は強いという事を表現できませんし。選手が本当に弱くなってしまうという事を突きつけられる事自体、いじめている様でもあるし、能力値が高くなっていないのは納得できないという事でしょうか。ちょっと上手く言えてませんね。

とりあえず、こんなところで。上手く説明できていないというアホっぷり。まあ、妄想に妄想を継ぎ足そうとするからでしょうかw なかなか精進の足らない事であります。称号関係は色々と使いどころガルと思うので、次回作で何か工夫をしてくれないかなと思う感じです。選手の役割とか、プレーヤーが妄想するだけで、ゲーム的には指定できませんしね。

ノブヤボで、忠誠度の上がりを悪くしてくれないかな、上げにくくしてくれないかなと思います。理由は簡単で、能力値が低くても譜代家臣の価値が上がるからと、内応の計略が使いやすくなるから。上がりが早いと、雑魚キャラがフェードアウトしがちというのが悲しいです。あと、応をかけて相手をゆすぶっていく、というのは戦国で多かったかと思うのに上がり早いと使えない、調略の価値が下がってしまう等の問題があるので。裏切りのリスクを背負って忠誠が低い能力が高い奴を使うか、無難に譜代を使うかという選択も。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。