レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲームその他、戦略ゲーにおける調略及び外交とか
Miauの方で、政治関係のアンケが出てますね。色々見てみるのもよろしいかと。しかし、児ポで実写規制強化のみといっても、既に配布目的所持禁止なので、必要なのは運営だけですけどね~ ま、それはさておき、理念的には日経のITProからインタビューでも。

とりあえず、選挙には行った方がよろしいですよ。百票差で選挙が決まる事もあるのですから。現状投票率50%くらい、10%あがれば情勢は動くでしょうし、20%上がれば現総数の半分を占められ、30%上がればアホな言い回しですが革命ですw 一票は自分が考えているより重いのではないか、そのことを投票に行かない方は、ぜひご一考のほどを。

ノブヤボ話その何チャラ。いつまでやる気だ? 飽きるまでやる気だw ま、なんかテキトーに痛く語っちゃってますが、たのしみにしているんだな~ といった感じで生暖かい目でどうぞよろしくお願いいたします。

戦術面での強化とかを望んでいたりするのですが、でも、臨機応変を求められる戦術で、AIが付いていくのは無理なのが現実というものでしょう。戦略級ゲームにおいて、戦術というのは大した価値が置かれないのが普通ですし。

では戦略級ゲームである信長で、どういう面ならまともにAIも戦え、プレーヤーも工夫をすることが出来るであろうか。中長期的に計画して、動かさなくてはいけないもの、外交と調略な強化してもAIも対応しやすいのではないか。

また、歴史ゲーという観点から見ても、毛利は、謀略により周囲の巨大なライバルを乗っ取り潰し、伊勢の剣豪大名北畠氏は、滝川一益の謀略に滅ぼされた。第一次信長包囲網は、土下座すら辞さなかった信長の外交手腕により、多くの大名が各個撃破され、関が原は石田三成が戦術的にも戦略的にも上回っていたが、結局、家康の調略により毛利を止められ、小早川秀秋に裏切られて敗北した。戦国時代的にも、合戦よりかはそういう根回しだとかの方が、重要だっていう話もあったようななかったような

片々たる戦術より、外交、調略が大事である。そこを強化するのは、戦略ゲーとしても歴史ゲーとしても正しい。臨機をそこまで求められないので、AIも対応しやすいであろう、たぶん。どういう強化が出来そうか。

外交は、最近のはよく知らないのですが、そこまで強化する必要はなさげ。条約の類は、一方に決められた金銭や兵糧を一定ターンごとに提供させたり、資源を渡させたり援軍を強制させる従属的同盟、対等の同盟、戦争をしないという取り決めのみの不可侵条約、戦争中の和平条約。

外交行為としては、他国間の対立を煽ったり、他国間の仲を取り持つ、その国の自国への心象を上げ下げする親善外交。例えば金銭よこせ、同盟破棄しろ、技術よこせ領土よこせ貢納よこせと一方的に相手に何かをしてもらう要求と、何かを上げる代わりに何かをしてもらう取引。これくらいでしょうか。

後は、各家ごとの独自の外交方針とかですかね。長尾家上杉家なら関東進出を狙い、毛利北条なら自国地域の制覇と維持、信長公は当然上洛重視で、武田家は領土拡張にのみ興味がある、みたいな感じで。あと弱小に優しいか厳しいか、受けた恨みや恩を忘れやすいか否か、お金重視か兵糧重視か資源重視か領土重視かとか。オンオフできてカオスにできるのも当然。

調略面は、知力によるランダムを止めて欲しいのですよね。計画が立てづらいのと、知力高い奴じゃないと運になりがちなので。ある程度、計画性を以って進められる形にして欲しいです。革新はどうだったか忘れてしまいましたがw

例えば、各城毎に調略ポイントみたいのが累積できて、それを使用して調略を実行するみたいな感じで。そうすると、いつくらいになったら城へ破壊工作できるかとかが、分かりやすくなるので計画をもって調略が出来るようになると。あと、武将に対する調略の種類も増やして欲しいかと。

流言で忠誠を下げるだけでなく、妨害で能力値自体を一定期間半減させられるようにしたり。強い武将を止めるのを重視するか、大勢の武将にかけて全般の能力を下げるのを重視するかとか。合戦時の計略も、調略ポイント使用で実行できるとかにして、奇襲とか偽報とかが運頼みしかならないというのを改めて欲しいかと。攻める時の下準備の再現とか守る再の諜報活動みたいな感じにもなりますし。

以上のことは大分、蒼天録とかのシステムで既に実現しているので、それを組み込むのが一番早いでしょうか。何にせよ、外交と調略は戦略級ゲームでは、合戦よりずっと大事な要素で且つ、臨機応変がそれほど求められない所がAIも対応しやすい思われますので、PKとかで色々工夫していただきたいものです。

与党が愛国か否かというと、分からんとしか言いようがないですよね。東シナ海の石油を、格安で売り渡したのは与党ですし、前の首相の事を考えていただければ、政争の結果以外に外交は動き得ない。外交関係は、正直、与野党共に混在状態ですから、選挙の争点としてそれを考えるのは無理かと。どっちが政権取ったって、売り渡される可能性はまったく変わらん。

もちろん、小選挙区なら、そういう要素も見れますが。比例は運。そのあたり、表現規制問題もそういう面がありますが、表現規制問題は明らかに野党>>>>>与党ですから、その問題を重視するなら比例では野党一択でしょうね。経済政策は、利権屋か労組ですから大して変わらんかな? 年金医療は総支出が変わりえない以上、何をやったところで大して変わりません。リスクを背負って安くするか、もらえる量減らして安くするか、高料金を納めるかの三択じゃないかと、知らんけどw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。