レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
高かろうと低かろうと
アメリカ、洒落にならないですね~ ホントもう。個人でできることなぞ皆無ですし、諦めて冬をすごしましょうみたいな。耐えられるかね~ 耐えうれば先はありますが、さて。WW3フラグその3クライでしょうか。その時は日本周辺がかなり危ないですし、せめてサバ3が出るまでは飛行しててくれw

本日は愛でキリコサンでも。まあ、何事も気にしなければ良いということでしてw いいのかそれでサオよw

麗子「う~ん」
美沙「何を悩んでいるのです?」
麗子「男の人ってさ」
眞鍋「ふむ」
麗子「美人系の人とかわいい系の人、どっちが好きなのかなって」
聡美「人によるんじゃないんですか?」
麗子「そうだろうけど、スーパーモデルとか身長高い人じゃないと駄目じゃん」
綾「そうなの?」
麗子「そうみたいだよ、それでやっぱり身長高い方がいいのかな~ って」
眞鍋「えろげーとかぎゃるげーとか漫画とかでは極端に身長高いキャラいませんけどね。低いキャラは多いけど」
聡美「いやいや、その辺りはワリト特殊な…」
美沙「でも、身長の高い人というのもあまり聞きませんが」
眞鍋「じゃあ、あたしと綾っぺ勝ち組?」
麗子「でも、普通のグラビアとかだとあんまり小さい人も見かけないよ?」
美沙「う~む、普通が一番ということですかね~ 大体、美しさの基準はどれくらい標準的であるか、というのが一つの基準であるようですし」
眞鍋「そ~か?」
麗子「う~ん、難しいね」
聡美「そうそう、新しいお菓子の試食、作ったんですけど、食べます?」
麗子「あ、食べる食べる!」
美沙「聡美、また脈絡ないのです。麗子さんもあっさりしすぎなのですよ…」
麗子「お菓子の方がおいしいからいいの。美沙ちゃんも食べるんでしょ?」
美沙「もちろんなのです」
聡美「じゃ、持ってきますね~」
綾「わ~い」

…すいません、な~んも思いつかんカッタので。眠い、膝が凄まじく痛い、風邪が治らんの三重苦でして… う~む、健康問題は大変だ~

選挙はちょっとずれ込むようで。現状、比例?、運、としかいえない状況ですがw まあ、野党も与党もですが、選挙に行かないと笑うのは変な圧力団体だけですし、不満があるなら候補者を調べ投票するのが、手近で強力な第一歩です。比例は廃止してくんないかな~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。