レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夢の続きといわゆる双方向式ゲーム
カテゴリの整理なぞしていたのですが、あれですな、自分のアホ文を読み返す羽目になって色々と悶えておりますw う~む、かなりイタい。まあ、昔からそんな奴ですし諦めるしかないでしょうかね~

レッスルのお話です。昨日に続けて性懲りもなくオンライン夢話妄想。愛のシステムを生かすとすると、やはり対戦自体はVSコンピュータにするといいのかもしれません。それなら多少過疎っていても大丈夫ですし、対戦で一方的になって喧嘩、なんていうことも少なくなるでしょうし。AIの挙動をある程度設定できる&特殊能力の組み合わせを工夫する&特殊行動のどれをつけるかを工夫する、AIでの戦績を残せる等々で、AIを工夫する楽しみ&破る楽しみも出てきてよいかと。
個人的には半オンライン制、シングルゲームを基本とし、オンラインでは対戦等のやり取りのみ、の方がレッスルのシステムに合うかとも思います。愛のシステム+サバイバーシステムで。荒れることもないですしね。まあ、改造する不届き者は出るでしょうが。
本家の方でパーツやストーリーのネット配信とかを行い、さらに育成したキャラを配信&各プレイヤーが配信した団体をCPUで使用可能。要は既成の団体だけでなく、他のプレーヤーが作った団体も、自分のゲーム内に取り込んで遊べるというシステム。日本中、否、世界中でプロレスするみたいな感じのシステムでレッスルの歴史、団体の歴史を作っていくなんていうシステムがなかなか面白いかと。
元からしてゲームエンドは割とどうでもよく、箱庭的に楽しめるようにするシステムですし。どこまでも団体が大きくなる、目指せ世界制覇。それだけでなく、要は自らの団体は世界のどの位置に置くかを設定できるシステム、絶対勢力ではないけどキーパーソン、吹けば飛ぶ弱小団体の生き残りをかけた戦い、この伝統はうちらが守る最後の王道だ! 等々みたいな感じで。スポアがそんな感じですかね?
つまりは、自分でレッスルの歴史を作っていく&乗っていくという箱庭では収まらないシステムでしょうか。初めは地方団体で、外で興行はできないけどその内大きくなって日本全国、世界中で興行が出来るようになっていく。その中で、様々な団体(他プレーヤー団体の取り込みとかも使って)がひしめき合い、大きな時代を作っていくという訳で。そこに飛び込むもよし、静観してただ見守るもよし、プロレス界の行きつく果ては如何に、とか。CPUが強すぎてもよく、弱すぎてもよい、作るのは時代であり自らの歴史である。
後は、育成しきったと感じたら、逆に自分で育成した団体に挑めるようにするとか、流行の波なんかを作って崩壊するイベントとかもありかとw 対戦シミュとしても、例えば他団体&他プレーヤー団体よりベルト獲得等を先に満たすだとかして色々な条件をつけて楽しめます。団体思考ルーチンなんかも調整できれば、あの団体より先に条件を満たすためにいったいどういう戦略を取っていくべきか、試行錯誤を繰り返し他プレーヤーの思惑を乗り越えろ! なんて。
ちょっと話がずれますが、個人的にはPS2とかで以降のシリーズ作るより、PCとかで作った方がいいんじゃないかなんては思います。理由は、PC全年齢で作っている企業は日本では少ない、つまり対抗者が少ない(もっともギャルげーを入れたりするとそうでもなく、洋ゲーは多いしコンシュマーも対抗者の一つと言えるでしょうし、もっともそこにいないというだけでテコ入れはしやすい感じはあるかと)。ダウンロード及び、ネット等を利用した双方向型のゲームの場合、コンシュマーよりPCの方が色々やりやすい。レッスルは容量を除けばそれほど高スペックさを必要とするゲームではない、フルボイスのADVがプレイできる性能のPCならばいい。
さらに言うと、レッスル及びシミュレーション関係は双方向型がゲームとしてやりやすく質を高めやすい(逆にアクション系は対戦系以外×だったり)。また、特にサバイバーではユーザーとかに任せられる部分、ユーザー間でのやりとり、及び企業からの配信が効果的であるシステムである。それは、キャラの多さから主に来るところ、ついでに下手すれば古参ユーザーの方が作成陣よりキャラに詳しい場合すらあり明確なストーリーが育成箱庭系で明確なストーリーを追わす必要性がないという辺りから来る。次回作があるならば、その辺りをより強調したシステムを構築すべき、なんて。

以下今更で話ズレですが、一年前にセリフ募集なんていうのをサバイバー2でなさっておりましたが、個人的にはあれはもっと評価されていいんじゃないか、不評も大きかったですが双方向型ゲームとしての形の一つとして、ついでにレッスルのというシリーズの性質(キャラが多い、ファンが詳しい、ここに思い入れを持つ人が多い、箱庭的なゲームであり明確なストーリーを持たない、持つ必要がない等々の上で挙げたこと)かなりの良手と思っていたり。
ゲームは作成者が頑張るべきという意見は確かにあるでしょうし、ファンの意見を聞けばいいというわけでもないでしょう。しかし、上のカッコ内で挙げているレッスルというゲームの性質上、ファンに依拠しているものが多く、それを利用しない手はないかと思うわけでして。他のゲームではではMODの公式化だとか自己でキャラを作れるとか(落書き王国系とかもそんな感じ)ユーザーによる改善、手助けが結構大きな部分を占めていたりしますし、ユーザーの手助けを当てにする条件が整っているかと。
その辺りの利用法の日本での先駆として、セリフ募集を私なんぞは評価したい、まあ私が評価した処で茶すら沸きませんがw

日本のメーカーでユーザーをうまく利用している所ってかなり限られているかと思います。それこそネットでのやり取りができるPCゲームを本拠とするメーカーがもっとうまくやるべき所なんでしょうが、それほどうまくやっている所(ユーザーによるアナザーストーリーとかはありますけど)は少ない。シミュ系列の処ではほとんどないかと思いますし、レッスル関係はもっとその面で進めていいのではないかと。PS3は開発が難しくPS2はそろそろ陳腐化し、携帯機は性能や容量に限りがある、なればPCに進出するのが一つの手であるかと。まあ、違法コピー等が大変という話もありますが。シリアル認証とデスク入れ必要で乗り切れるでしょうか? DLを前提にユーザー登録(わりと鬼畜ですがそれこそバク取りですら)とかさせれば、それほど問題でもないかもしれません。ついでに水着剥ぎの復活をw

そんな感じで。まあ、ユーザー利用は真面目に考えたほうがいいかと思います。DLCでの利用がただ企業から配信する、ではなくユーザーが配信するという面においても進められるものかと思いますし。いろいろ工夫の余地があるのではないかと。まあ、テケトーですがw

胡坐をかいているとどうしても左右が不均等になるのですが、正坐の場合は絶対に左右対称になる。そのため体への負荷が等分になるため正坐は姿勢が良いと言える、何てことを体が悪くなって初めて気付きました。正坐だと背中の伸びが左右一緒なんですよね、感覚的すぎますがw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。