レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
レッスルSS ツケの支払い こーひーぶれいく 砂糖追加
「ツケの支払い」中編の続きです。内容はないに等しい単なる思い付き(いつもだ)。

08年5月30日、砂糖が追加されました。内容は結構変わっています。

続きからより。左のような能力値ですので、皆様方のイメージや公式設定と多々異なることがあります。また、性格、設定、その他は基本的に妄想と捏造です。お読みになる方はご注意&ご容赦ください。またキャラによっては不当な扱いもしているかと思います。こちらもお許しください。あと、プロレスの常識等にも反しているかもしれません。どうぞご寛容のほどを。

プロレスを知らない私がプロレス描写をするといろいろとダメなところが目立ちそうで困ってます~ ただでさえあれなのに~
麗子、移動中。社長に会う。
社長「おう、麗子… ってお前」
麗子「あ、隊長さん! どこ行ってたの?」
社長「ちょっとあいさつ回りをな。それはともかく…」
麗子「何?」
社長「なんだ、その恰好」
麗子「? …ああ!」
麗子、試合前なのに練習着のまま。
麗子「は早く着替えないと!」
スパッツに手をかけ下ろし始める麗子。
社長「 ここで服を脱ぐな! そもそも水着は!?」
麗子「た、たぶん控え室。隊長さん! とってきて!」
話しながらも膝までおろしたり(何をと聞いてはいけません)、下のほうも脱ぎ始めたりといろいろ…
社長「分かったから脱いでるんじゃない! そっちの女子トイレでやっとけ!」
麗子「う、うん! お願いね!」
グイ、ドサッ!
麗子「いたぁ!」
麗子、歩き出そうとしてずっこける。いろいろヤバイものが目に入りそうなので急いで立ち去る社長。

…ちょっと経って。社長、先ほどの場所に戻ってくる。麗子はいない。
社長「麗子! どこだ」
麗子「こっち! はやくはやく」
言ったとおり女子トイレにいるらしい、社長、入り込む。
社長「おう、またせ…」
麗子が女子トイレの中で、トイレの敷居には入らず、脱いだ服を抱えながら待っていた。いろいろとご想像にお任せします。社長絶句。
社長「お前、なんて恰好してるんだ!」
麗子「はあ? 何ってるのか知らないけど早く頂戴!」
涙目になりながら要求する。
社長「わ、分か…!」
社長、突如何か恐ろしい気配、殺気を感じ振り向く。
そこには、仁王立ちといった有様の斎藤彰子、元空手王者で今回の目玉の一人である。
斎藤「貴様… 何をしている!」
社長「何をって…」
現在の状況。
女子トイレの中で、
半裸で涙目になっている女の子と、
その娘の服を持って、
男の自分が、
向かい合っている。
どういう誤解をされたかはすぐに察した。
社長「ちょ! ちょっとまて! これには訳が…」
斎藤「…言い訳は閻魔さまにでもしてくるんだな。はぁぁぁぁ~」
麗子「さ、斎藤さん待」
斎藤「せいやぁ!!!!」
氷すら砕く日本一の蹴り食らってよく生きてた、というか無傷ですんだよな~ 後でよく、苦笑いしながら社長は語りましたとさ。

続く?

美沙「というか、麗子さんの恰好、練習着も試合着も同じようなものだからそのまま行ったらどうです?」
麗子「そういうわけにはいかないでしょ!」
美沙「まあ、そうなのですが… まったく… 」
麗子「あ~ん! 変な風に絡まった~ 美沙ちゃん、手伝って」
美沙「またゲームみたいな絡まり方を… ここは文章だけだからサービスシーンは一切意味を持たないのですよ」
麗子「何言ってるかわからないけど早く~」
美沙「はいはいなのです…」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。