レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
とりま千秋楽が終わったわけだが
タイトルはやっぱり相撲話。まぁ私は素人なので、どうこう論ずる資格があるわけではありませんが、愚痴るがあるなら愚痴っておこうと言う話なわけで。ということで愚痴です。

白鵬叩きが酷かった場所でした。マスコミは、歴代横綱、名力士も使ってきたかち上げを肘打ちと言い変えてことさら悪いように罵ったり、いなしを変化と言ったりダメ押し気味という言葉を使ったりして印象を操作してみたり、ファンはファンで大して応援もしていないような力士に対してコールをして、まるで白鵬が負けを祈るような対戦相手にも失礼な応援や短慮なブーイングをしたり……。

もっと冷静かつ節度を求めたいもの。昔と違う荒い取り組みになったのが嫌いだから、あるいは怪我させたし問題があるから、という理由で白鵬に対して何をやってもいいと言うわけではないのは、品格について一言あるならお分かりになるかと思います。マスコミに関しては、特にかち上げなどの話に関して、いくらスポーツ記事とはいえ、あまり一部の論調に迎合するような記事はどうかと思う。マスコミは調べるのが仕事なんだから、批判するにしても、過去の横綱、力士たちのかち上げと比して白鵬のかち上げは、これこれこうだから危ないとか相応しくないとか、それくらいの内容をもって批判はして欲しいもの。

ダメ押しにしても、本当に安全性を論じるなら土俵の構造から論じなければいけない、という意見に賛成で、そしてその辺りはほぼスルーな論調が多かったからなんかねーと感じざる得ないわけで。ダメ押し並に危険なシーン、土俵転落なんて今場所でも結構あったしな。

何にせよ、先場所も無意味やたらに過剰に白鵬を叩いていたわけですが、その空気を引きずって鵜の目鷹の目であら捜しをする態度は、いくらなんでもやり過ぎだったかと。正直なところ白鵬に問題があるというより、日本人が久しぶりに優勝したから悪い意味でナショナリズムが刺激されちゃったような感じに見えるわけで。衰えたと思った白鵬が、再び勝ち進んでいるのが気に入らないようにすら感じる。だから今まで特に問題にされないようなことまで目くじら立ててるんじゃないかと。まぁこれはほぼ印象論ですから、取り立てた論理的根拠があるわけではないですけどね。

それと稀勢の里ですが、終盤、優勝になりそうだからといって、綱取りだのそういう空気を作ろうとするのはどうかなぁ、とは思うわけで。これが外国人力士だったら綱取り言ってたかねぇ。確かに優秀な力士ではあるし、横綱になってもおかしくはないんだけどさ。わりと期待させるような風格は出てきたしね。だが、私のような素人にすら指摘されるくらいまだまだ問題はあるんだから、あまり過熱するのはどうかなと。後、優勝後の白鵬への各種インタビューでも稀勢の里が―と聞き過ぎるのは失礼なんじゃね?

とりあえず北の富士も最終日に言っていた、長くやっていれば相撲は変わる、衰えたんじゃなくて充実している、という言葉を頭の片隅にとどめておいて欲しいもの。激しい相撲が嫌いならそれも結構だし、受け流す技があっさり過ぎると感じるのもいいのだが、ブーイングや過剰な罵りをする前に、一つ立ち止まってほしいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。