レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
なんか色々とありましたな
プロレスで最近起きたアレの話ですが、まぁ一応、レッスルエンジェルスもリンドリもやってたし、私も尻馬に乗って簡単に触れておこうかなーとか何とか。まぁ私は総合とキックばかり最近みてますし、見てるだけで格闘技系はド素人なのは変わらんですが。

さて、そういうどうでもいいことや、起こった事の当否はさておき、ああいうのもプロレスの一部、というご意見に私も賛成です。ああいう所謂セメントやシュートを止めるルールは少なくとも表向きないし、ああいうのにもプロレスにおいて役割があると素人考えながら思うので。

以下、他の方の考えを聞きかじった素人考えですが、プロレスは基本的には演劇に似ていて、ブックと呼ばれる台本と裏のお約束の中で、勝敗を含めて予定調和を上手くやり遂げるものです。でも演劇と違うのは、予定調和とはなりえない要素が多分に含まれているからかと思います。

それは例えば、安全性を考慮しつつも実際にスープレックスやトペ・スイシーダを行いそれを相手は受けることだったり、あるいは表向きにはほぼノールールだったり、あるいは周囲に自分たちはガチでやっていると喧伝することだったり、あるいはそういうのを覚悟してプロレスをすることだったりします。

つまりもしかしたら~~してしまうかも? もしかしたら凄いことになるかも? そうなっても構わないからぎりぎりの線を攻め続ける、そんな予定調和を乱す要素があることによって、不測の事態への緊張感が生まれる。そういうスパイスがあるから、プロレスの演劇的な予定調和が引き締まるのではないかと思うわけです。だから、色々と踏み越えたとはいえ、ああいうのもプロレスの一部なはずです。

もちろんそれは、あくまで予定調和に対するスパイスで、メインになる要素ではないでしょうし、ああいう凄惨なものを見たいとも私は思いませんが。そういうのをおいて、一番、問題があるとすれば、ちゃんと考えてその辺りの一線にまで迫ったのかなぁ? という辺りかと。ただ事故として処理するのは、なんと言いますかねー。ライトな人たちをひかせちゃ駄目とはいえ、それでプロレスとしていいんかね? と思わなくもない。少なくともそれを画策したであろう人たちが、ねぇ?

もっとも私はプロレスには門外漢で、凄いけど格闘技と紹介するのはどうなん? と思ってるタイプなので、まぁ以上は素人の戯れ言です。UFC王者戦とK-1が楽しみだなぁ。とりあえずドラクエが早く家に来ないかなぁとか何とか。まだ来てないからさーねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG