レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
超ヒロイン戦記とか その4
何となくヌンチャク本を買ったりしてみたら、凄いねぇと感心することしきり。鎌ヌンチャクとか、まぁプロなんだし凄い練習してるのだろうが、やっぱり凄いわ。凄い凄いいってると私がバカみたいですがw ちなみに沖縄にルーツがあるそうで、ブルースリーなどの香港映画系から中国武術系だと思ってたが、違うらしい。まぁ中国武術でも似たようなのはあるのかもしれませんが、よう知らん。

超ヒロイン戦記プレイ中その4。やっぱり雑談。ツインファントムのところ難しい難しい言われてたが、確かに難しかった。アレはローパーたちでなく先にロボットの方を倒してから、ローパーを迎え撃つ形にすると、時間が来て大量の黒服がツインファントムに襲い掛かる、という事態を防げます。逆にローパーを先に倒すと、ロボットは動かないので時間がかかり、黒服に襲い掛かられる羽目になる。援軍さえ来れば普通のステージです、はい。

しかし死神博士の扱いがいい。まさかダブルインパクトまで用意されてるとはw 退場の仕方もかっこいいし、戦闘もグロイ方面(ガチグロじゃないけど、ホラーっぽい感じにかっこよく仕上がってる)で気合入ってるし、唯一の男キャラとして面目をほどこしているかと。退場シーンで音声があれば完璧だったが・・・しゃーなし。

ちなみに姉妹作のQGSCとかのシリーズと比較して、何度か同じこと言い繰り返してますが、今作のストーリーはかなり出来がいい。QBSC及びQGSCは、同じボス敵が過労死寸前に毎ステージ出てくるとか、移動→襲われるを繰り返すことが多くてストーリー? 何それ美味しいの? という風でしたが、今作は男主人公の役を他のヒロインにやらせてクロスオーバー原作再現ありで熱い展開あり、それに基づいた上手い絡ませ方あり、そもそもストーリー自体の大筋もダーク系の存在理由や敵対者の行動理由など、結構面白い。

ついでにダークキャラのお陰で(前作もスライムもどき出てましたが)、お前らは何処の赤い使いまわし槍アイドルよ?(まぁSCの方が早いけど)と思うようなこともなく、敵の種類も豊富に感じるという。まぁ欲を言えば、ダークだけでなく、もっと敵キャラ増やして欲しかったぜー。男の死神博士いるんだし、ツインエンジェルやアリア、ゼロ魔から色々と出せるだろうしさ。

しかし、結構な良作ですねー。さすがスパロボチームである。ちょっと前評判が悪すぎたのが惜しい。まぁ参戦作でピンッとくるものが私もなかったので・・・、とはいえ、有名作は利用料金高そうだしねぇ。スパロボ並に売れるならともかく、そうじゃないだろうから痛し痒し。ぜひ続編を頼みたい。大運動会とD4プリンセスを希望してみようかw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG