レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
超ヒロイン戦記とか その5
PS4が来たが、まだやってなかったり。メタルギアとか待ちなんですよねー。ちなみに三国無双買ってたりしますあい。戦国無双4はPS4で出ないン? 地方の登場キャラ増やして欲しいねぇ。PS4はインディーズだそうですが、さてどんなゲームが売られていきますかねー。PS4カメラとかも買えばよかったろうか?

超ヒロイン戦記の雑談ー。ストーリー面に関するアレコレで、一応、ネタバレなので続きからより。お話の展開はわりと頑張ってる。

ネタバレありでテキトーに。以下注意のほどを。

今作のクロスオーバーはわりと多かったねー。電撃で記事になったからかアリアIN雛見沢が話題になってたが、防人VSラウラとか響×ラウラとか、アリアとルイズの貧乳同盟とかツインエンジェル&そに子とか色々と合って面白かったですねー。空気なぞ読まぬというでじこがかわいいw

全体的な話自体は、いわゆる電脳オチでデータオチかと思ったが、最終的に宇宙船の外に出ているから、そういうわけでもなさそうだし、別エンドでわかるんかねぇ。マザーが作ったとはいえ、ダークたちがあそこまでやった理由とかそもそも何を経験したのかとか、ルイズからガンダルーウの記憶が消えていた理由とか、違和感を感じるしどうだろうか? 破壊の天使関連だけだとちょっとうーんという感じするしねぇ。

電脳オチというだけなら、まぁ割りと見るパターンかなーとか思うわけですが、いい意味で裏切ってくれるでしょうか? データ破損の理由が経年劣化以外もありそうだしね。お話の経緯的には、滅びた人類を再生するために、データを集めるのがマザーの役割で、ボリアルを平行世界の地球にばら撒いた、という感じなのでしょうか? データ世界なのはめるたちがいた世界だけで。でもめるたちも外に出てたしなー、あと、マザーの人類抹殺も良くわからん面も。

何か分るような分らんようなですねー。よくある感じに甘えて若干、説明が足らんのかもしれない。別エンドで説明があるかもしれんし、63話をまたやろう。最近のスパロボ長いからもうちょっと短くまとめて欲しいって切に思うw 難しいんだろうけどさー、ねー? 周回前提で63話はわりときついんですよw

各キャラ評。

ドリームハンター:何それ? みたいな作品の筆頭だったのですが、麗夢の引率のお姉さんっぷりが際立ち、夢世界での説得展開や敵である死神博士の扱いの良さなど、ゲームではみんなの中心的な役割を果たしていますな。そして地味に差し込まれる昭和ネタがなんかもうw 戦闘能力も通常時の回避が高く貴重なひらめき持ちでもあるため使いやすく、アナザーフォームは火力が上がってトドメに最適という感じ

アリア:白雪とアリアで話の中心を張ってる感じ。アリアは理子との対立や雛見沢でまさかの主役展開、白雪もジャンヌとの対立がありで、原作再現もされてでかなり熱い。戦闘職として戦闘アニメもかなりかっこいいし、もちろん回避が高く火力もあって手加減もちだからWインパクト要員に最適という有遇っぷり。隠しの理子はバックアタックの上位スキルを持ち火力に優れている、らしい(伝聞)

ツインエンジェル:こっちもがっつり原作再現される。原作側が積極的に協力していたせいか、CG良し戦闘描写良し変身ムービーありユニオンアーツありで色んな面で優遇。能力も高火力、遠距離持ちと結構な使いやすさ。そして隠しで加わるツインファントムのナインはまさかの1ターン100%回避という無敵スキル持ちという壊れキャラ。SP回復とSP消費半減の装飾品をつければ、毎ターンファントムステップで無敵はれるというw 隠しキャラだからって幾らなんでも強くなかろうかw

IS:原作を上手く改変して頑張ってるというのが評判。戦闘描写も良捏造が目立つとか。ラウラVS防人、暴走ラウラを説得するシンフォギア勢はなかなか熱い。各キャラとも色々と絡むし、ルート分岐では中心にいることも多いという。能力値的には普通でシールドの制限はあるが、麻痺、集中、火力増加、不屈、必中、移動力UPと優秀なスキルが多数そろっていてシールド回復手段も多いため、メインはって十分戦える。

シンフォギア:原作終了直後くらいの参戦。なので原作再現はされないが、原作での台詞や立場を利用した他作品との絡みが熱い。ただし立ち絵とCGは原作サイドからNGでも出たか若干、不遇。能力値的には序盤から加入して、味方キャラ最大火力の響と、早い段階で麻痺もちになり高いレベルでバランスがいい能力値のため使いやすい防人、後半加入だが超広範囲のマップ兵器もちのクリスと、戦闘面ではナンバーワンクラスに使いやすい

ゼロ魔:若干、空気気味だがガンダルーウ関連で怪しい動きがあるし、アナザーエンドで何かあるのかもしれん。ルイズは高火力だがヒラメキ持ちとはいえ防御回避が低いため突出させづらく使いにくい。マップも敵味方識別ないしね。シエスタティファナは補助要員としては優秀だが・・・。タバサとキュルケ辺りは欲しかったねーと。

コト組:こっちもお話的には空気気味、敵対キャラがいないからねー。八瀬さん、後半に鳴らんと出ないし悪役やってるわけでもないし。戦闘描写はなかなかで、能力値も高火力高回避で結構、優秀なのであるが。ゼロ魔といい、ライバルキャラが出てない作品は微妙にきつい? シンフォギアも出てないが、こっちはがっつり他作品と絡んでるけど。

でじこ;マスコット枠。シリアスが増えても空気なんて読んじゃいねぇメタ発言とギャグ描写、ウサダが序盤は敵に回ってるからそういう面でも大丈夫だし、結構いい立ち位置。重くなるストーリーに上手くバランスを与えてる感じです。戦闘能力的には、まぁ使い辛いほうだが、愛があれば大丈夫なはずw 唯一の幸運持ちでもあるし。フリーステージや死神博士でのムゲン稼ぎがあるって?w

ひぐらし:空気枠かと思ったら、まさかの雛見沢ストーリー再現でかなり熱い展開に。そしてさらわれるでじこw 能力値的には他作品と比べると微妙な面があるも、火力高くZOC無視できて必中持ちのレナ、麻痺持ちの魅音、回復役のりかと使い方を考えればバランスは取れる。

そに子:立ち絵が・・・で戦闘アニメも再現度はともかく長すぎで評判的にはアレですが、でもお話上は第4のツインエンジェルになったり真相に気づいて尚、気丈に振舞ったり皆を励ましたりと色々と美味しい役柄です。戦闘面では補助キャラで、範囲回復が便利で回避高いから削りや役もいける感じ。

オリジナル勢:めるルートだったのですが、めるとノエルたちはわりと変態だがいい子でキャラ立ってるw 後半の主役としても頑張ってるし、いいキャラたちです。戦闘描写的にヴエルシオーネリスペクトのめる(メビウスとクロスソーサーとかがある)、ギャグなノエルでまぁ好み的にはめるのほうが好きw 先生は突拍子もないデザインで、ぶっちゃけダサいがまぁわざとあのデザインなんだろうなって思うw 連発される死語に懐かしい気分になりましたw クロードは、男キャラというだけで悪く言われがちでしかも基本空気だが、空気なりに分を弁えつつも悪あがきしてベストを尽くそうとするところはJさんではないがわりと好きである。

そろそろ疲れたのでこの辺りで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。