レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲーム感想 圧倒的遊戯 ムゲンソウルズZ ちょっと手直し
ムゲンソウルズZを2週して真ルートをクリアしたので、感想でも。CG全部集めて、ストーリー部分は全部クリアしましたと。偽者後のムゲン100Fにいる裏ボスたちも当然倒した。まぁチャレンジは空きまくりですし、能力も1000万いってない(偽者たちは防御だけあげて萌え殺しで押し切った)とやりこみ部分はあんまですけどね。

とりあえず5点評価で、ストーリー4(萌えゲー評価)、キャラ5、お色気4、音楽3、3Dグラ3(フツー)、一般システム3、戦闘3、前作からの改善点5、総合4くらいですかね。萌ゲーとして、キャラ描写良しお色気よしストーリーもまあまあと、佳作と言っていい出来栄え。

また、前作からの改善点および改善要望にもかなり答えてくれている、例えば、画面の切り替え時間を全般的に短縮、ソート付いてる、数字に単位つけれる、衣装をデフォ維持可能などなど。気になるバクも今のところゼロで、誠意ある作り方をしている感じがして好印象でした。なので総合4と。以下、細かい点

ストーリー4:萌ゲーとして素直な作りかと。起承転結はしっかりあるし、変に捻らないからううん? と疑問に覚えることはない。全般的なコメディパートも意外性も期待も満たしてくれて、キャラ同士の掛け合いもよく、重厚さこそないが、安心して楽しめる話であったかと思います。

ただ、基本、萌ゲーで王道ストーリーのため大筋の展開の読みやすく、各キャラかわいいとかコメディパートや掛け合いで笑えないと、ありきたりさや冗長さを感じるかも。これは、ゲームシステムの問題も入ってきて、具体的にマップを歩くのがそこまで楽しくないとかも関係する。後、前作と比べると、話的には前作のほうが真エンド話の展開共に面白いとも思った。

もっとも、上でも言ってますが、コメディパートの出来は、私的には、期待通りに動かしてくれるし、ほのぼのさや意外性、軽妙さと色んな方向で面白く、良かったと思います。特にシャンティ編は王道ならがら起承転結オチつけてフォローまで入って完璧でしたね。

それと、前作キャラがメインでいっぱいに出るので、前作やってた方が面白さは3割ましである。前作やってない場合でも、あらすじを別途見れるし、萌えゲーと割り切れば、まぁ大丈夫ですかね。あるいは最近、廉価版も出てますしからこの機会にどうでしょう? バクの類とかは潰してあるでしょうしね。

キャラ5:大体、キャラはかわいいし、性格も嫌に感じさせること少なく、萌えゲーとして素直に作ってあるかと。個性的な面子が色々な掛け合いをしてくれるから、中々に楽しくかわいい。ただ、キャラが多いため常識人キャラ&相方のないキャラは目立たん所もあったりするから、次回作での整理は必死ですねー。ちょっともったいないが、新キャラださんというわけにもいかないし仕方ないか。ゲストで登場を祈ろう。

お色気4:風呂は音声もあって道具とかの違いや部位で反応も豊富、キャラも新旧キャラ完備でシュシュに至っては今回も性格で違っていて、量は満足。構図も色々で保護色で肌色の水着になって美容アイテムとかでバナナや梅干あったりして、擬似的にアレコレできたりしてまぁ、期待通りだ! それ以外にもステージ終了時のスライムイベントやらなにやらかにやらで、うん、もてあますな!w

ただ、基本、止め絵と音声なので、もうちょい動きや何やらでギミック的に反応して欲しいなーと思う。後、シチュエーションが少ない、具体的にはイベントの温泉とスライム責めとお手伝い(これも温泉か)くらいしかないのが残念ですね。

次回作があるなら、あるいは他のお色気路線するなら、もっと色々とラッキースケベで、色んな方向性でぎりぎりのラインを攻めて欲しいなーと思う。戦闘中に服が破れてーとか、戦艦が揺れた時に紐が絡まってーとか、その辺りは色々と作れるだろうしね。

音楽3:あんま詳しくないのでかなりテキトーですが、フィーバーモードの曲は、前のほうが好きでしたが、ずっと聞いてるとこっちの方も明るく能天気でいい感じかもしれないと思う。後、オープニングはゲームの温くてやさしげな雰囲気を表していいと思う。

3Dグラ3:まぁ中の下くらいか。その辺りは、PVでも見ていただければいいですが、グラだけなら特に悪いとも感じないが、良いわけでもない。3等身キャラでかわいいし、必殺技やGキャッスルのいい意味で馬鹿馬鹿しい着眼点はいいんだが、どちらも決め手としては派手さが足らなくて地味で、それを補う演出の発想も足らない感じか。その辺りは、中小メーカーなのでどうしようもないところはあるかもしれんけれど。

希望的には、例えばGキャッスルはスパロボとまではいかんが、もっと魅せ方を研究してほしいなーとか思うわけで。もうちょい動いてもいいだろうし、同じ技でもカメラワークに違い出してもいいし、FPS視点でもいいし。前作とあんま大まかには変わらんから残念だなーと思う次第。もっとも、どうしようもなく悪いわけでは決してないのですし、迫力や爽快感は今でも十分ありますけどね。

後これは難癖ですが、見た目的にも、王道王道なロボを狙ったんでしょうが、個人的にはもっとシャンプルでオリジナリティが欲しかったか。ロボの見た目を改造とかさせて欲しかったなー、パーツで見た目変わっていくんだったらさ。後、必殺技がないのは許されざるよ。

希望その2としては、等身をダンスムービーの奴にしてほしいなーというのはある。3等身はかわいいけど、お色けー萌えーという面では弱いし、顔の表情も色々と無理が出てるしで。必殺技がいまいち地味な感じなのも3等身で動きが弱くなるからかもだし。必殺技とか一部技だけでも6頭身で、いきなり変わるわけだから、ちょっと微妙かw

一般システム3:ADVとしては、文章スキップあり、イベントスキップあり、バックログ音声再生あり、オートモードありで基本はちゃんと満たしている。文章スキップに、未読既読で飛ばすか否かの設定はさせて欲しかったが。うっかり□おして飛ばしちゃうからにw

戦闘以外のシステム周りも良好。ソートあるし、ロードも全般的に早くなってるし、モンスター回避アイテムはボタン一発で使えるし、全般的な情報も一発で確認できるし、衣装に補正あるけどコンフィングで見た目をオリジナルのままにできるし、ボタン一発で技スキップ&コンフィングでエフェクト省略できるし、ムゲンフィールドの一定階層でセーブできるし、色々と細かい面で気を使っていて、ストレスなく遊べます。後は、アイテムにお気に入り順にさせてくれとか、特定の技や何やらを使ってないボタン(実はあんまりなさげだが、十時キーあたりか?)一発で実行できる、ショートカット機能が付けば完璧。

で、3点の理由ですが、土台はいいが上に作ったものはそんなによろしくないとも思う。具体的には、まずマップを歩くのが、ただ単に移動させているだけで、恐ろしく単調で退屈。色々と細かいギミックが追加されましたが、これも形骸化したお使いRPGの域を出ていない。そんなにマップが広くないので、冗長さを抑えられているのが逆にプラスという有様です。

もっとも、その辺りは普通のRPGなら、どれもこんな感じですから、きつく書きすぎですけど。面白くする方策も、正直、RPGだと私にはないですし、ドラクエ或いは洋ゲーなどの先進RPG系だって、そう上手く解決できないところではありますし。しかし、こだわり系を標榜するなら、なんとかしてほしいもの。ぶっちゃけ、マップ移動を省略でもいいんじゃないかなーて思うくらいですし。

この辺りは、このゲームがディスガイア系のレベルをあげて物理で殴るゲームであることも、マイナス点の一つか。後でも書きますが、戦闘が超レベルでノースサウスゲームするだけなので、マップ上で出てくる敵が基本、雑魚なのも合わさり、うっとおしい障害物に過ぎないという。

マップに関して細かい点は、トリコミでアイテムがないとか、戦闘回数や魅力が足らないとか条件を満たせないと、マップ進めるのが中断されてちょっとめんどい。アイテムに関しては、そのマップのモンスター倒せば素材集まる、そもそも宝箱として配置しているなど気を使ってるし、戦闘回数や魅力に関してはムゲンフィールドもぐれば解決ですけどね。真エンドのためにムゲンフィールド必須だし。

それと究極跳躍とかは、マップでても条件満たせば継続でいいんじゃないかなーって思う。いちいち取りに行ったりするのめんどい。後、マップを出たらもう一度取りに行かないといけないことを説明しきれてないので、結構、混乱するので注意して欲しかった。これも、必要な場所の近くに必要な効果を配置してたりはするのですが、やはり無駄にマップを動きまわされてるかんが出てねぇ。

後は、汎用キャラメイクは、キャラメイクの外部画像取り込み機能に、チケット制限はかけなくていいんじゃないかなーとか、どうしてシャンプルを作製させてくれないんだーとかの不満はある。特にシャンプルは率いさせろよ、あんなに種類いてキモかわいいんだし、下僕なのにプレイヤーが使えないのはおかしい。

それと、汎用キャラのパーツ種類は豊富だが、もっと揃えやすくしてほしいなーくらいには思う。集め要素を増やしたいのだろうが、集めるころにはゲーム終わってるのはちょっと。その辺り、集め要素のために何を制限するかは、自由度の問題と上手くかね合わせて決めたほうがいいと思う。ゲーム的な意図がない限り、あんまり縛るのはマイナスかと。後、開発分りにくいから簡略化して欲しい。

ついでに、GアップやG、ムゲンPをそれぞれ、換金する要素は欲しかったか。具体的にはGアップ余るとかムゲンP余るとかいろいろとあるので。チケットでやってんだから、こっちでもやって欲しかったですねー。分ける理由少ないから簡略化すればいいのに。

後、戦艦戦はジャンケンで貫通無双だが、まぁ爽快感重視ということで、これでいいのではないかと思う。複雑にする手間がめんどうなら、いっそシンプルに演出重視にしている、のかは知らんが結果的には余計な手間なく、派手な戦艦戦が楽しめるのでかなりよいかと。もちろん、複雑にすること自体に反対するわけじゃないですけどね。明確に不満があるとすれば、グラの進化がない点と、ロボなのに必殺技がない点の二つである。ロボに必殺機能つけなかったのは、せっかくネタにできるというのに許されざるよ。

戦闘3:色々な戦闘システム要素とディスガイア系の大味さが、相変わらず雑魚戦との相性が悪い。過半の雑魚戦はレベルをあげて全体攻撃で殴る、くらいしかやることがないので、他の要素はまず使わない。使う場合も小クリで敵方に反転が出た時とか運絡みに過ぎず、さくさく進んでいたゲームテンポが止まるのも合わさって、うっとおしいく感じる。

超強いボス級の相手には、大クリ萌え殺しを如何に行うかで色々とやったりもするのですけどね。ただ、様々な要素と超レベルのやりこみが、雑魚戦だと相性悪い。後、ちょっと育てすぎた場合、楽になりすぎで逆に育ててないと瞬殺みたいなことも多いので、難易度システムが欲しいところ。

それと、クリア後の超強い偽者戦とかは、萌え殺しする方が楽だったりして、うーんと思う。ある意味、要素を場合場合に適切に使わせられてるとも言えますが、作成者の意図とは遠そう。ちょっとグダグダで何いってんのかまとめ切れてませんが、何というか諸種の要素が上手く絡み合ってない感じ。

その要素が他の要素を殺していたり、あるいは色んな要素があっても、戦闘自体が面白くなってるかというとかなり? という風に感じます。それならもっとシンプルにした方がいいんじゃないかなーって思う。後、状態異常とエモーションフォーバーは、かなり死んでる要素。

あるいは、雑魚戦とボス戦でシステム分けするとか。雑魚戦はシャンプルたちにざっくり殺させて、ステータスが上なボス戦のみ戦う的な。繰り返しになりますが、雑魚戦が大半を占めるゲームなので、ゲーム要素がレベルあげの邪魔くらいにしか感じないとき多いのですよね。

もっと話を進めれば、個人的には、ディスガイア系のやりこみ系は、放置ゲーっていうんですかね? スマホとかブラゲーとかでありそうな時間がたつとレベルが上がる的な、ああいうRPGの方が相性いいと思うんですよね。過半の戦闘が全体攻撃を打つだけの作業ですから、まぁ単調作業は省略させて欲しいなーと思うのですよ、別に面白いとはそんなに思わんし。ボス戦とかだけ普通の戦闘でもいいしね。

もちろん、据え置きなら時間かけさせる必要ないですから、一瞬でレベルあげさせるとかすれば、それはそれでデスガィア系特有の、無駄な数字の大きさをさらに際立たせて面白い、かもしれないし。他には、AIでオート戦闘とかの系統や、戦闘自体を無しに、単純にコマをぶつけ合うようなSLGっぽいのとか。

それと細かい点としては、小クリの被ダメ即死とか、厳密な戦略要素があるわけではないゲームで、多分に運が絡む以上、そういう極端に不利な要素はやめて欲しい。敵の無敵化とかもチャレンジとか以外は、正直、うっとおしいだけだしやめて欲しいですね。

何度も言いますが、つまらないわけではない。ただ、諸種のシステムが完全に生ききっているかというとかなり疑問だと思うし、ゴテゴテ飾り付いてるだけでオーソドックスなRPGの面白さの域から出てないと思う。前作からそうなのだが、次はスマートにシステムを作って欲しいなーという感じ。

やりこみ関連は色々とあってかなりやりこめる。結構な育成前提の敵も用意されていて、生半可では勝てません。まぁディスガイア系のパワーゲームなのは人を選ぶが。やりこみダンジョンでのレベルあげもサクサクである。前作よりも収入が上がってるので、色々と集めやすい上げやすくなってるのはグット。

前作からの改善点5:全てのローディングかなり早くなった、ソートついてる様々省略機能付いてる、衣装維持付いてる、フリーズなど大きなバグ無し、シャンプルなどが集めやすくなったなどなど、前作で不満が出た欠点を全部潰してある。よくやった◎だ!と褒め称えたい。

総合4:相変わらずライトに進むストーリーは気軽に楽しめて面白く、システムも細かい問題点をブラッシュアップして完成させ、中々の代物になったのではないかと。ディスガイア系のやりこみが好きなら楽しめるし、普通のRPGとしてももちろん、楽しめる。キャラゲー萌ゲー好きならお勧めです。

ただ、次回作があるならば、もっと根本的なところでの新しいシステムデザインはしてほしいかなって思う。次回作があるのかないのかは知らないですが、次回作的な希望と言うか要望と言う名の、ぼくがかんがえたげーむ的な話を続けると、上で言ってた単調なレベルあげは、放置ゲー、あるいはオート戦闘や雑魚戦のみ別ルールなどのアレコレがあってもいいかなーって思う。

ディスガイア系のやりこみゲーとするならお門違いな話なのですが、単純作業を面白いと思う人間は少ないかと思うので。全体ブッパするだけなら、省略でいいかと。後は、色々なシステムを戦闘に入れているけど、ある程度は省いていいかなと。有機的にシステムが繋がってなく、無駄にゴテゴテしてる感じになってるのと、ディスガイア系のパワーゲーだとほぼ意味をなしてないので。

それとマップ関連を何とかして欲しいなと。重ねての話が多いですが、歩いててつまらんし、単調だしで要改善。私はSLG好きなんで、マップもシャンプル辺りを派遣とかして、ちょっとしたSLGでもいいんじゃないかなーとか思うけれど。・・・あんまりいいアイディアは私にもありませんねー。アクトレイザー的な何とかとか、こう、マップを歩かせるのではなくーですね。

あるいは、色々と演出面での変化とかつけれるとかですかね。ムゲンソウルズのマップは、同じようなところを歩かせすぎ&カメラワークが上手くないので。その辺りを上手く演出して、探検なり冒険なりをさせている感じにすれば、ちったぁましになるでしょうか?

個人的にはピグミンとか王様物語とかみたいに、シャンプルを使ったアレコレができるといいなーと思う。橋にしたり梯子にしたり盾にしたりなどなど。アクション的過ぎると、ちょっと指針からずれる感じかもしれませんし、今の究極跳躍とかもそこまで面白くないのでうーんですかねー。アクションの方法論を入れるのが一番楽なんですが、うーん。

話し変わって世界観的にはどうなりますかねー。また別の星めぐりするのもアレですし、ファントムキングダムみたいに世界全体、神大量とかやるのかもしれませんが、やっぱり二番煎じ感と、そこまでピンッとこないから、すごいと思わないというかなんと言うか。

いっそ世界を狭めて商店街なのにLV9999がいっぱいいるみたいな感じにして、下っ端な主人公とかにした方が落差その他出ていいかもしれん。シュシュさまが経営に目覚めるでもいい。或いは、商店街自体がGキャッスルが納まるくらい無駄に規模が大きい的な。

私がそういうの好きだからですが、商店街を育成してスペクトルタワーばりの9999階のビルを建てられるとか、琵琶湖級のプールを作れるとか、富士山よりでかい観覧車を建てれるからとかしてみたいなーなんて。最近だとどんなゲームかねー。ありそうだけど思いつかん。ルーンファクトリーを町に拡大したみたいな感じ?

まぁ、とりあえず次回作が出るくらい売れて欲しいところではありますが。今週で累計1万8000くらい、消化率もそこそこ高くなってるから、一応、大丈夫? まぁ据え置きでなくビータ辺りで出るなら、それはそれで歓迎したいところですね。あるいはガラパゴスゲームで、似た雰囲気のゲームが出たりするでしょうか。

続きからよりはネタバレ雑談。ネタバレに付き注意。
ここからネタバレです。注意。テキトーに雑談。

今作も面白かったですが、シルマが前に出ないキャラクターのせいで若干、主人公(笑)してますな。突入の決断はシュシュに丸投げしちゃうし、最後の最後の最後で、やっと覚悟を決めて締めるという感じで、シュシュさまの積極性に見せ場とか食われてるw シュシュさま戻った後の偽者編だとほとんどしゃべってない感じだし、押し出しが弱すぎて主人公補正がないと辛く、シュシュさまが小さくて活躍が対等なのかもしれん。

シルマにはない風呂も変身ごとの絵があったり、今作もシュシュさまがほぼ主人公というか超優遇というか。シルマは妹分って感じですねー。シルマがぐずぐずやってるのを、シュシュさまが見守る姿勢も姉貴分っぽいし、何だかんだで仲良くやれそうな感じですね。

アルティスは出番こそ少ないが、かなり印象的な活躍をしましたねー。悪の美少女仮面から始まり、最後の最後でどんでんがえしの立役者と。カケルとのやり取り面白かったから色々とやって欲しかった&美少女仮面衣装でも戦えるようにして欲しかったと思う。

とりあえず、エースはアルティスに一生、足を向けて寝れない恩ができましたな。エースは、主人公補正のないセカイ系主人公というか、愛に生きるのはいいけど、その行動は最後の最後までシルマたちの足を引っ張り、肝心のティオニーの気持ちも無視した行動である。なんと言うか結果から見れば空回り極まり最悪の行動しか取ってなくて、考えようによってはエルカ以下だなw 間が悪かったというかなんというか、そのうち、活躍の機会があればいいね!

ティオニーに関しては泣いて済むなら警察はいらねーんだよ! とか思わなくはないが、物が壊れるという物理現象に人格がついた感じですからねー。ノーマルエンドで目覚めた後は、大量虐殺の後なので、かなり大変そう。なんと言うか、ベル以上に自動でそういう風になってしまうということだから、哀れさは強いですよね。そのうち、破壊神が破壊をやめたからー的なストーリーでもやったりするのでしょうかね。

真エンドに関しては、前作のほうが良かったカナーと思う。前作は、どうしようもないところを役立たずと思われたシャンプルが活躍という王道な意外性はもちろん、下僕集めというゲームの主目的が物語でも反映され、且つシュシュの一人ぼっちは嫌だ友だちや仲間が欲しいという、下僕達との絆を示して本当の夢が見事かなった瞬間でもありで、何と言うか見事に色々なものをリンクさせたエンディングであったかと。

なので、今作は特にそういう事もなく、単純に吸収しただけなので深み不足ではあったかと。萌ゲーに深みもクソもないがw シルマが覚醒究極神化しなかったのが結構不満。楽しみにしてたのに。まぁ本気モードするともどれなくなっちゃうという設定なのかもしれませんが。

今作で一番、面白かったのはシャンディですね。まさかと思わせてあの見事に落としたのは完璧だったw フォローまで入ったしなんというかソゥルは爆発しろw あんまり活躍してないのは、ディースとマリナの相変わらず不遇ペアですか。ディースは出オチあったからよかったものの、マリナはテレポート能力しか説明されてないというw 常識人は割をくうゲームですw

エルカとかも活躍してないが、あいつはうっかりハチベエ的なアホさ加減で目立つし、かなり優遇ポジ。男どもは大抵、ずれてたり面白かったり女の子に慕われたりで、そこまで不遇感はない。本人たちは扱いがぞんざいだーとか言ってますが。一番、ぞんざいだったのはカケル君でしょうかねw 相方がいないし目立たないw

目立たないといえば、ナオはなんで勇者になったのかさっぱりでしたな。勇者(笑)w まぁ、最初からいるしシルマの親友ポジだしで、他の常識人組よりは目立ってるが、コメディパートの収め役という感じで、シリアスではイマイチ役に立ってないw ちなみに、必殺のはさみは2章で武器を手に入れる前と後だと柄が変わったりする。そろそろ疲れたのでこんなところで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。