レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
AUOクリアで真もクリアと
ドラマCDとか興味なかったのですが、歩いたり文字打ってる時も聞けることに気づいて最近ちょいちょい買ってたりします。フィギュア買ったりアンソロ本買ったり、どんどんディープになってるなぁとか、今更な感想を抱いてしまいますがw

フェイトエクストラCCCのギル様と真エンドをクリアしたのでテキトーに雑談。ギル様がまさかここまで・・・。色々と掘り下げられていて満足だし、エンドはどっちのエンドも良かった。まぁあんまり話をするのもネタばれたなので、以下の続きからより。

ネタバレありますからねー。未プレイヤーは注意。


しつこいですが、ここからネタバレの巣窟ですよー。未プレイヤーは注意。

ギル様のデレっぷりが凄まじかった! 初めはいじる気いびる気満々なのに、4章のカルナ、そして当然その後辺りからデレが顕著になって、最後にはお前の敵は俺の敵! だとかエアをほいほい解放するとか外付け慢心抑制装置になったり、わが雑種とか体験契約とかもう信じらんねーってレベル。トッキー涙目w 相性的には最高レベルなのかー

個別EDに至っては、わざわざ財を捨ててザビーズを助けに来るし。というかバサカで5回戦まで勝ち上がったのか! すげーなザビーズ! つーか初期状態だと精神的な支えなしに勝ち抜けないと思うのだが、どんなバサカだったのだろう? からめ手ありの緑茶辺りはかなりきついだろうし。

ギル様SG2でエンキドゥとおぼわしき記憶に触れていたから、エンキドゥがバサカで、ギルが現れたから気を使って離れた、なんていう説があってなるほどと思いましたが、真相はいかに。ドラマCD辺りでぜひオリストとしてバサカマスター状態をやって欲しいくらいだが、既に出てる(評判はいいらしいから文句つけるのも変だが)のが返す返すも惜しい。ザビ子主役のマンガとかでやってみてくれなかろうか。

個別EDの裸でお出迎えで遥か別の星にて愉悦部作製も好きですが、私は真エンドの別れも好きです。黙して相手を見定めていた英雄王が、最後の最後、ザビーズが出した答えに絶句し思わず唸った一幕が、心に焼きついて。出会いと別れというフェイトのあり方として、まさしく二人は最良であったかと。掘り下げもあったし、暴虐である理由や、その孤高たる在り方も示されたし、やりつくしたという言葉通りである。

色んなネタもあったしねw ゴージャス、黄金Pに始まり、葉っぱとかヌードとかキャストオフとかw 他にもチェスに強くて唯一勝ってたり、ザギンでグーフーで本能まで着たままだったり、ワクワクザブーン大好きだったりw CCC自体がファンディスク的ですが、さらにファンディスクが欲しくなっちまうなーとか思う。ぜひザビ子と一緒にザブーン行ってほしい。

しかし、ザビ子色々と男扱い、SG暴きで睦事でご褒美発言とかあったりしますけど、ところどころが女でかわいらしいところもあったり。一人称が私になったり、見せる『男』なんてないから、とかw 先輩のいうこと聞きなさい! とか王子様じゃなくて王女、どちらかというと女王様だけだとか、わりと気が強い感じなんですかねー。女主張をところどころしているので、嬉々としてSG暴いたりして、なかなかキャラがつかめんw ドラマCDでもあれば別だけど、男主だけドラマCDなんてズルイw

しかしCCCルート裏ボスはキサラなわけですが、BBの通常ルートの時は普通にしんだんですかねー。つーかBBルートクリア時に追加されるマトリックスでネタバレすんのやめろよw いや、破滅を容認した辺りとかアンデルセンの背景2が白紙で宝具効果が解禁された辺りで、どうせキサラかその後ろの宗教団体で、アンデルセンが宝具ツカッテンだろうなーとは思ってたけどさw

だけど、どんな理由でんなことしたのかというのをCCCルートで知って愕然w 宗教の教義で包むのかと思ったら単なる快楽かいw しかも宝具で地球全体でオナ○○ーとかw さすが最低最悪というか大丈夫かよセロ的にって思ったw 英雄王すら予想がつかず絶句するだけはあるぶっ飛び具合w 地球全滅したらどーすんだろ? 他の星も侵略にいくのだろうか。

後は浦ボスも倒しましたよと。ギル様だと、凛たちは宝具を生徒会長腕章で2回くらい封じれば展開するのを諦めるので楽に勝てる、槍とコードキャストこと支援魔法八極拳は防御固めれば一撃必殺宝具あるから楽勝だし、旧キャス狐は削りきれなくてちょっちくせんしましたねー。

そういえば、今回のトワイスさんは7章で印象的な登場の仕方をしましたな。前作じゃ唐突ボス過ぎて主張もありきたりで好きじゃなかったんですが、今作のすっと、でもきれいに道を指ししめした登場は、キャラ的にも話的にも印象的で高評価。上手い使い方だった。こんなところで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。