レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲーム感想 フェイトエクストラCCC
フェイトエクストラCCCを一週クリアしたのでその感想でも。クリア状況は、キャス狐エンドで男主で1週ということで、まだ真エンドみてないという中途半端な状況ですが、その辺りはご勘弁を。後、隠しボスも倒してない。ちなみに、前作はプレイ済みで、アチャとキャス狐でクリアしてます。

点数をつければ、グラ3(PSPと考えればもっとあげてもいいのだが、3DSやPSVもある昨今なのできびしめで)、ストーリー5、システム4、音楽3、その他4で総評5(前作未プレイの場合4)。ストーリーは文句なく面白かった、さすが菌糸類先生だ。ステムもストレス少なく、道中はさくさく、ボスは難しく、ゲームストーリーの設定と難易度設定を上手く調和させていると思う。前作の不満点を上手く改善してあると思う。絶対プレイするべきと断言しちゃいます。

ただし、前作プレイが大前提のストーリーではある。前作やってなくても楽しめるとは思うが、やってると楽しさ5割り増しである。もっとも、前作が、今作より全ての面で落ちる出来なので、やるとなると道中の煩雑さとかで、若干耐えないといけないところもあるのが難点か。

グラ3:PSPと考えれば十分な出来だし、モデルとかアクションとかも十分かわいいしかっこいいのだが、しかしPSPだ。そろそろ型落ちだろうから予備機を買っておくべきでしょうか。今作では服替えがあり、ちゃんとバスとアップ絵も変わったりしていい感じ。

ちなみにSGやらなんやらでワダアルコ先生の無駄にエロイ絵がおがめますw また女の子をアレコレ責め立てたりイベントが色々とあったりそもそもの格好がアレコレだったりもするので、閃乱カグラとかとは別方向で、コンシューマーのぎりぎり限界を攻めてる感じですw

ストーリー5:菌糸類先生による女の子講座ですw 笑いあり涙ありピンチあり熱血ありエロスあり薀蓄あり切なさあり、一フロア一フロアに様々な要素が上手い具合のバランスでちりばめられ、各キャラたちも色んな面を見せながら存分に暴れまわりで中だるみもなく、ストーリーに飽きることなく最後までプレイできます。文句なしに面白い。

欲を言えば、前作より大分ましだとは言え、女主に関しては男主とのイベントの差異が、もうちょい欲しいくらいか。いや、おそろいとか女だけどねとか子リスとか、色々と差異はあるのですが。ただ、リンとかレニとかが色々とねぇw 下着はよかったけどさw SGはプレイヤーキャラ故に無理だが欲しかったですはいw

システム4:システム、というかバランスもよかったですねー。レベルアップによる全回復やら何やらのおかげで、ダンジョン探索をストレスなく中断なく進めるし、いちいちレベル上げしなくてもちゃんと倒していれば適正レベルいくしで。それでいて、サーバント戦はちゃんと難しく緊張感ある。私も苦戦しました。まぁ、初見殺し的なところも多いので、その辺りの意見は分かれそうですが、バットエンドも楽しんでくださいw

システム的には普通のRPG戦闘プラスアルファくらいです。基本ジャンケン、一定で行動するCOMの行動パターンを読む、という感じのゲーム。まぁオーソドックスなRPGですね。上記のバランス感覚が良く、見せ方も上手いので、上手くいった際のカルタシスあって十分楽しいですが。スキップ機能も充実ですが、バックログ音声再生がなさげなのが残念。後、飛ばすとサバ毎の独自台詞も飛ばしちゃうのが難点といえば難点w

音楽3:オープニングソングとOPアニメーションは一見の価値あり。当たり前だが、このゲームを良く表せているかと思うし。音楽自体は普通ですかね、素人目ですからテキトーですが。特に酷くもなければ特記する事もなし(えらそうですんません、はい)

その他4:見たかったエアやら聖剣やらを見せてくれるし、前作或いはフェイト本編を知っていればにやりとするネタあるし、後文章的にエロく攻めてくれるしメタネタありで、幅広観点から楽しみがあったりします。また、プレイヤーの行動で話やNPCのアレコレが変わったりもして、小ネタ的な面も色々充実。

総評5:PSPの末期に生まれた名作です。ぜひ前作プレイヤーはプレイしてみてください、否、むしろプレイしろ。前作未プレイヤーは前作ベスト版をがんばって(まぁがんばらんでもちょっと煩雑なところを除けば普通に楽しいですけど)プレイして、今作を手にとってください。その価値はある、絶対にプレイしろと断言できる作品です。

次回作的には、あるのかないのかは知りませんが、そろそろVITAか3DSで出して欲しいところ。PSPは賞味期限が・・・。きれいに終わったから、次回作があるなら、EXの世界観的には地続きだけど、キャラとかはとっかえでしょうかね。赤ランサーとかはどっかで出てきて欲しいところですが。キャス狐的なエンドでより電脳RPGらしくなるのか、或いはセラフでなく現代地球でアレコレやるのか、その辺りは菌糸類先生ならびにスタッフにお任せですねー。HDエディションでもええのよ?

続きからはネタバレありです。未プレイヤーは注意。キャラ雑談とか何とか。
ここからはネタバレですよー。未プレイヤー注意。尚、単なるキャラに関する雑談です。

主人公ズ:今作では、前作より個性がはっきりして生き生きしている感じ。はっきりした分色々といじられている感じw 女主は1章でほぼ男扱いでなんか哀れw 或いは魂にキンの球がついてるのかもしれないがw 4章7章と絶対的な絶望を突きつけられても前を進むかの姿は、まさしく主人公といった感じである。自分は、前に進むしか出来なかったんだ。でも4章終わりを周回させられるのはめんどくせえなとか思いながらw他にもサバへのあれこれや、赤ライダーへのアレコレや、桜たちへのアレコレといったイケメンっぷりを発揮したりパンツ脱がされたり、うん。

キャス狐さん:今日もメタい狐さん。基本的にシリアスブレイカーだが、良妻っぷりや健気さも磨きがかかる。今作では過去姿とかも出てくるが、アレからどうしてこうなったか不思議になるw 隠しボスで登場して欲しかった。まぁ前夫に引き連れられた、別のキャス狐さんが登場してますが。キャス狐さん大盤振る舞いである。

しかし過去で愛を叫んでいたが、その辺りの記憶はないのだろうか。そして、現代衣装がかわいいと評判。実際、かわいいしね。胸も盛大に揺れるしw 水着はさすがに露骨過ぎてNG、下品なのはいかんのです。一夫多妻去勢拳をマジスキルとして拾得し、お前もうグラップラーとかストライカー名乗れという意見多数w 仮面ライダーを思わせる見事なとび蹴りを決めてくれますw

ネタ面だけでなく、拾得時から威力も一発2000前後と十分。消費の高さがネックだが、そのお陰で前作で爆発力のなさからつかえねーと評判の宝具が十分生きるようになった。5×2000で発動すれば10000万以上の威力が出る。やはりグラップラーにクラスを変えた方がいいかもしれんw ほら、鹿島神道流とかそういうのに合わさって捏造すれば、天照もかなり強引だしさw

赤ランサー:桜ーズを除くとあざといヒロイン。でも気がふれてる乙女である。現代に生まれておけばアイドルとして、あるいは歪んだ価値観に押しつぶされずにおれたものを・・・、環境もまた運命だろうか。寝覚め悪いと思わせて最終的には、何だかんだでよろしくやりそうだからいいんだけどさw

リン:今作では主にギャグキャラであるw 細かく立ち回ってくれているのだが、やはりMPSの威力がでかすぎてもうw 赤ランサーとは老婆となった時にどういう感じの会話が繰り広げられるのか、わりとしりたいようななんなようなw

レニ:こっちもギャグキャラ。主にぱんつはかせないのせいでw 細かく立ち回ってるくれてるのだが、その印象が強すぎてもうw 細かいジャブみたいなツッコミだとか何だとかも入ってきます。リンとあわせて、今作はあくまで脇という印象。

レオ&ガウェイン:お前らそんなキャラだったっけ? と前作プレイヤーを混乱と笑いの渦に引き込む王様コンビ。でも、負けたとはいえ退場時のかっこよさは、かませと感じさせず負けて尚、風格を損なわなず思いを託しで素晴らしい。この後、またも殺しあうと考えると残念だが、さて。

シンジ:ワカメかと思ったら漢だった。中盤まではワカメなのだが後半でやってくれました。恐怖に耐え、自らの矜持を示したワカメに敬礼。しかもこのとき、8歳児である。エクストラのワカメ株の上昇っぷりがすごい。シンジロボとか8歳児っポイアレコレも見れたりするw

ユリウス;ギャグパートでは不遇枠w なんと言うか気苦労が耐えないw でもレオを気遣ってる感じは兄っぽくて好き。そして、友人として裏切りと見せかけ支援という、ある意味テンプレートでかっこいい。新ルートにいかないと、かれの思いを告げないのが残念だが、さて。ちょっと疲れたのでこの辺りで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。