レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
ゲーム感想 レイトン教授VS逆転裁判
レイトン教授VS逆転裁判を全部、プレイし終わったのでその感想でも。点数をつけるならグラ5、音楽5、ストーリー3、システム4、推理3くらいだろうか。とりあえず、中盤までで大い俺の盛り上がったテンションをどうしてくれんだこのゲーム! という感想。総合4。

グラ5:3Dで動くナルホドくんがかっこいい! 見慣れた動作も3Dでより動きがついて、すごく満足です。証人たちのコミカルな動きも3Dで表してくれてたし、3Dでより表現の幅も広がってたし、挿入される小アニメも良い感じでした。逆転裁判5で3Dになるのが楽しみになりました。なるよね、3D?

音楽5:おどろおどろしい音楽や、迫力のある逆転アレンジなど、中世魔女裁判っぽい感じをよく表し、残酷な裁判の雰囲気を作り、よく盛り上げてくれたと思います。あんま音楽、詳しくないのでテキトーですが、ゲームにあったよい音楽だったかと素人的には思う。

ストーリー3:端的に評価を言えば、竜頭蛇尾。様々な謎が残酷な裁判で交差していき、それに咥えてなるほど君たちを襲う受難など、中盤まで大いに盛り上がったのに、オチが、こうねぇ! あんまり詳しく語るとネタバレになるので控えますが、予想を悪い意味で裏切り期待も裏切った、という評価です。荒唐無稽が悪い方向に転がった。グラも音楽もよかったのにどういうことだよ!

まぁ、両者の持ち味をよく生かした話というかキャラの動かし方だったし、コラボとしてはその辺り、かなり上手くやったストーリーだとは思うのですが。だからこそ、アレがアレでアレなのがさぁ! なんかねー! っておもうのですよ。コラボだから全部丸く治めたかったのだろうか。

システム4:なぞは謎ですね。小ネタとして楽しませていただきました。かなり種類があって、難易度も様々、一様なやり方では解けずに、ストーリーの息抜きとして最適でした。住人との小会話も面白い。裁判パートは、逆転裁判をやりつつ、独自の複数証人制も上手く使って、発展していく議論を積み重ねて論証していく、という感じがして面白かったです。5にも導入して欲しいが、ちょっと厳しいところがあるか?

推理3:わりと推理は魔法そのまんま、証拠もそのまんまって感じなので、何と言うかまぁ。逆転裁判らしい、大仰で荒唐無稽な仕掛けが、~~を除きそこまで使われなかった感じかな。演出やらなんやらの緊張感が優れてたので、別段、悪く感じたりしませんけどね。

総合4:ストーリーがね! ストーリーがもう突っ走ってくれなかったのが悪いんですよ! 変にひねりすぎたみたいな感じでさぁ! もっとおどろおどろしく行こうぜ! というか、オープニングのあれとかそれとかをオチと比較すると、もしかして途中でストーリーの終盤を大幅な方向転換をさせられたんじゃないかと思うくらいな不自然さ。勢いより違和感と安っぽさを強く感じるからねー。

とはいえ、グラも音楽も1級品だと私は思うし、推理やシステムも分りやすく、またストーリー自体も魔女裁判という人を選びそうな雰囲気も、最後までプレイすれば万人向けな話になるので、やってみて損はないかと思います。全クリまでの時間としては20時間弱くらいですかねー。

以下、ネタバレ+愚痴全開です。未プレイ者は注意してください。

ここからネタバレですよー。ストーリーに関する不満と愚痴話なので、読む際は注意してください。

ストーリーラスト全部機械でした催眠術でしたオチっておまえなぁ! 俺の高まったテンションをどうしてくれるんだぁ! つーか契約とはいえ嫌な魔女役魔法仕込み役押し付けたこととか、執事ちゃんの辺りの話とか色々とヤバイだろ! 何かってにハッピーエンドになってんだストーリーテラー! というかマホーネの状態に気づけよおい。

ファンタジー世界オチでよかったじゃんかー。変にリアリティというか、リアルでしたとかやられるとちょっとお前って突っ込みたくなる! まよいちゃんいるんだから魔法だってあっていいんだよ!あの世とこの世のハザマでもいいんだよ! どうして変に催眠術とか機械とかで説明しちゃうんだよ! 世界に浸らせろよ!

というか、公共物である橋に隠し通路仕込んだり、まだ催眠術にかかってないだろうレイトン教授に魔女が見えたり本の内容が変わったりと、色々と変じゃね? とか思うのだが。裁判所で突如消えたなるほどくんとかさぁ、眠らせて運んだってことなんだろうけど、絵が変わるのは都合がよすぎだろう。。権力で何とかした、というのもねぇ。何のために橋に秘密通路作ったんだよ。

ストーリーを作ってる途中で大幅改変したんじゃないかねー。救いがないストーリーになると云々みたいな感じで。後、大魔女役を10にも満たぬクローネにやらせてたのだろうか? かなり無茶である。色々と無茶である。後、あんなに早くレイトン教授の黄金像を作れたあたりとかも不思議。まぁもういいやw 楽しめたけど、たのしめたけどねーという、行き場を失ったテンションを発散させて欲しいわーw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG