レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲーム感想 スーパーダンガンロンパ2 ネタバレあり
スーパーダンガンロンパ2を8割がたクリアしたのでテキトーに感想でも。クリア状況は本編全部クリアした、アイランドエンディング1個見た。難易度は両方ともイジワル。IFとモノミはクリアしてないですはい。もう一周してある程度把握を深めてから書いた方がいいのか、興奮冷めやらぬうちに書いちゃったほうがいいのかとか思わなくもないが、後者を優先。

評価的には、ストーリ-5、システム3(辛めにつけて)、音楽4(辛めにつけて)、キャラ4(辛め評価で)、グラ4(やや甘め?)という感じで、総評としては5、補足としては、前作プレイヤーなら間違いなく楽しめる。前作してない人は、前作のネタバレ等が2ではされているので、前作からやったほうが絶対良いということを忠告として。買え、とだけ申し上げられる面白さ。

ストーリー5:和やかな修学旅行が一転してコロシアイ学園生活! あんまり書くとネタバレになるので、どう表現しようか迷ってるのですが、どっちかというと前作よりキャラゲーよりではある。悪い意味ではなく、世界全体の謎よりも、彼らの選択と成長と行き着く先を重視しているという意味で。

もちろん、ゲームを中断するのが惜しいくらいの、ストーリーのハラハラ感は前作と同様ですし、ならどうして彼らはあそこにいったか謎も面白いです。前作プレイヤーにはあいつとあいつの存在も気になりますし、そもそも前作の土台が合っての今作という形ですから、そういう面でも前作は絶対やっておいた方が良い。あの世界のオチはかなり初期に分るように作られてますが、それは(色々と自重)。特に5~6章の絶望と希望が入り乱れて未来へ繋がる流れは、素晴らしかったの一言。5章は胸に来て、6章は色々と疲れますがw

推理自体も、前作よりも良い意味で難易度も高いし、ストーリーへの組み込みも行われていて評価良。ただ、分りやすい正解を出して実は、という手法が多かったかもしれない。まぁ物語で有効な手法ですし、それを多く使って悪いということはないし、つーか使わない物語なんて珍しそうですけどね。ミステリーマニアはさておき、物語での使われ方も合わせて普通なら十分楽しめます。

システム3:基本的にフレーバー要素なので、あまりゲーム性を気にするものではないということをまず最初に。相変わらず、ノンストップ議論が声優さんの名演と、それが生きるシステムで素晴らしい。今回は同意が加わることにより、より議論に参加しているという感じが出て、かつ一部キャラが解説無双するとか不自然に選択肢を投げ渡せれるみたいなこともなくなったか?

反論ショーダウンは、ばっさり切っていく爽快感と、対面の議論を表現している感じがしてわりと良いと思う。どこで挟みこもかも上手くやってて高評価。イジワルでやってたせいか、スキル無しだとちょっと難易度高すぎと思うところもなくはないが。これも声優さんの演技を生かせるシステムでよい。

ひらめきとロジカルダイブは、まぁ合っても良いんじゃね程度。選択肢でいいんじゃね?とか思わなくはないのだがw ただ、論理の飛躍と組み立てという雰囲気を表すものとしては、ありかもしれんかなと。そんな反論ショーダウンと違って、難易度高くないしね。

PTAは、口げんかを表すものだが、うーん微妙。前作のマシンガントークバトル?マシンガンバトルトーク?どっちだっけ?の方が良かったといえばよかったか。タイミングとりずらいのと、テンポよく連打のほうが、らしいかなという意味で。どっちも変わらんといえば変わらんがw

後、PTAはヒナタの反論ボイスが相手の悪口を砕いたときに合ったらよかったのにと思う。うるさくなりそうだし、相手のボイスがききにくくなりそうだが、口げんかしてるんだからあった方が良かったと思う。相手の声が聞きたかったら、ヒナタボイスを設定でオンオフ出来るとかにすればよいのだし。

ノンストップ議論がほぼ完成形?で使われ方も上手いので、これ以上、システム的にどうこうする必要はあんまりないかな? 反論ショーダウンは、議論の形を作っているのでそこそこ良い感じと思うし、システム的な発展と言っても?ですか。

PTAは、もうちょい音げーとしてブラッシュアップとヒナタボイスが入れば満足。ひらめきとロジカルダイブは蛇足感があるが、なければないで選択肢を地味に選んでいくだけになるし、プレイヤーが気づけてもヒナタたちにとっては飛躍、という部分もあるので、うーん難しい。

他、おまけは大体、良い感じ。ダンガンアイランドは、シミュレーションとしてはどうでも良い出来だが、会話集めにいちいち不自然に周回する必要もなくなったのと、各キャラとギャルゲーもできて、おまけとしては楽しい。シミュレーションが蛇足な感じなのでを除いて、もうちっとイベント見やすくしてくれれば良かったのにとか思ったw まぁシミュ部分のぞくと、文章を増やさないといけなくなるから、手間的にちょっとかもしれませんが。後、希望のかけらあつめた後でも、それを読み返せる回想機能は欲しかったですか。

モノミアクションは、息抜きとしては良い感じ。ゲームとしてもそこそこまとまっていて、おまけミニゲームとしては良クオリティーですし。Ifはまだ読んでないからしんね。評判は、そこそこ高めですから期待して読みましょう。

個人的には、これでボイス無しでもショーモナイ事件でもいいから、全キャラによるEX裁判が出来れば完璧でしたが、さすがに手間隙が大変ですかね。でも早期に死んじゃった子とか裁判に参加して欲しいですよー。

音楽4:使い回しというか、リミックス多いねと思わなくもなかったが、ドラクエのレベルアップ音と同じように、音楽がゲームのシステムと雰囲気に合ってるんだから、むしろよくやってくれたと思う。新曲は反論ショーダウンのがわりと好き。

キャラ4:奴の存在だけで5にしても良いかなーとか思ってるw ネタバレ故に伏せますが。奴が全てを食い散らかすもんだから、他の奴の存在が頭にのこんねーw ま、まぁかわいいキャラ多いし尖ってるようで色々と王道だし、良いキャラ多いよ、うん。だいたい死んじゃうけどね! 絶望的だね! 後、前作と違い~~~だから~~~という感じがしなくもない。生き残りキャラも前作メンツの方が、キャラと役割が上手く分担されてて好きっちゃ好き。

グラ4:まぁ好みもあるが、今作も良い感じである。気になった点は、ちょっとシモネタと露骨なエロ要素が多かった点か。まぁそれでもギャルゲーよか少なめですが。後、おしおきは、4とか3とかが多少、うーんだろうか? 4はさておき、3はもしかしたら比喩表現で、直描写すると酷いことになるからああなったという話もありますが、さてはて。4はもうちょっとエグってくれても良かったと思う。

その他、細かい点:前作組は期待していいよ、色んな意味で前作のアレソレをアレソレしてアレソレしてくれるので。気になった点は、モノクマ好きだけどモノミと絡む際の茶番シーンが多すぎて、ちょっとテンポ悪いなーとか思うところも無きにしも非ず。後、ペットはちょっとジャマである。気にせず放置でいいんですけどね。自販機の商品を変えて欲しかったかw

総評5:冒頭でも言いましたが、買え。この面白さは買わなきゃ損です。私のブログの駄文読んでる暇があったら、買ってやればいい。絶対、そっちの方が楽しいから。自信をもって勧められる、文句なしの良作です。記憶を消して再プレイしたいくらいには良作。

既に何か続編か派生作が開発中っぽいですが、だいたい決着付いたし、次回作は一新の新シリーズ辺りが妥当ですかね。モノクマも中の人の年齢的に厳しいものがあるが、うーん続投してもらいたいけど、無理してもらっても困るしねー。まぁ、前作を上手く昇華して2を仕立てたダンガンロンパスタッフの皆さまのお仕事に、これからも期待ですね。

以下、続きからはネタバレこれでアレコレ。ネタバレにつき未プレイの方はご遠慮ください。ホント気をつけてー。
以下、もう一度いいますが、本編のネタバレ多数に付き、未プレイヤーの方はご遠慮ください。

各キャラ話。

狛枝:プレイヤーの憎悪と恐怖を一身に受け、本編を盛り上げた最優秀キャラ。理解不能な狂人なのに、一本筋を貫き通した意思とその優秀さは、まさにヴィランの鏡である。5章での自らを道具とした、狂気の捨て身の罠とその悪意は、気づいた時にはガチでビビッた。あの消火器具が何かに使われるんだろうなーとは思ったが。あの結末は、彼の望むものではなかったのですが、それでも地獄で、あるいは目覚めた時に、彼は何を思うでしょうか。

ヒナタ:本作の主人公。苗木君が初めから強い意志をもって進み続けたなら、彼は傷つきながらも成長し進み続けたという感じでしょうか、上手くいえませんが。苗木君のときより、苦渋の決断が多かった印象は、特に5章の七海を指名するシーンのせいでしょうか。あのシーンは、全俺が涙した。

そして、6章にて突きつけられる自分に関する絶望的な真実と、七海に支えられての希望も絶望も吹き飛ばしての復活劇は、ホント良かった。前作キャラのかませにならなかったし。作り出した自分の道を、今度こそ胸を張って歩んでいけるでしょうか。

まぁ、某所では復活させた七海をアプリとして嫁とするオレらの同類、残念な天才になりそうとかいわれてましたがw 個別会話も、相手のことを考えつつアドバイスして、ホントいい奴である。立てたフラグが多いのは、まぁ男主人公だからかw ソニアとのフラグは右左田にとっておいてあげてw

七海:不思議ちゃん系かと思ったら、フォローが光る正統派ヒロイン。前作で霧切さんが暴れまくりすぎたせいか、推理面の活躍は抑え目なため、霧切さんの無双っぷりとクール声がちょっと懐かしく感じてしまったw 上手く要所でフォローしつつ、プレイヤーを光らせてくれます。

どや! とかふくれっ面とかにはやられましたねー。超かわいい。頬が赤くなったりハート飛ばしたり、胸飛び込んだりと霧切さんと違ってホントヒロインしてますw 自らを犠牲にして道を切り開き、さらに死して尚ヒナタを支え続けたところも王道なヒロイン。最後のヒナタとのコンビ論破は不覚にも涙を禁じえなかった、いや、最後の虚無落ち時の彼女による覚醒への導きから、最後までずっと泣きっぱなしでしたが。

ウサミ:お前怪しすぎるんだよゴメンなさい。超怪しいけど実は皆のために戦い続けた先生。モノクマとのコントは面白いが、頻繁にあってうっとおしいなぁとか思ってごめんなさい。ダンガンアイランドで攻略させてくれればよかったのに。棒読みっぽい台詞(演技でなさってるのは分るんで中の人への悪口ではないっす、念のため)に、モノクマとの性能差を感じるw らーぶらーぶ。最後のセリフが、ヒナタの胸に届いたかどうか。

ソニア:ドヤ顔王女さま、今作の生き残りでまとめ役のサブリーダーか。絶望化した姿も理由も想像できないのだが、どうなんだろうか? 個別話を進めるとヒナタに普通に求婚していたのだが、復活したらどうなってるんだろう?w 七海はAIだしなーとかいうとヒナタに怒られそうだがw しかし(悪い意味で)古臭い言葉遣いがダダスベリな感じである、うん。

九頭竜:副官枠? 役に立ったかというと、ううんw もうちょいがんばれw ペコとの2章で涙して、3章の仁義と切腹がかっこいい。個別会話はかわいらしい。小学3年生でけんかに負けなくなったのを自慢するところとかw 妹の評価とトワイライト事件の云々が実際、どうなのか気になる。ごかいしたも5回下と誤解したの両方の意味があるんですかねー。断片的過ぎて分らん。

ウサダ;貴重な突っ込み役兼ボケ役だが、わりと有能。有能なのに主人公を疑いまくって、プレイヤー的にはイラッときたw 状況的には仕方がないのだが、泣き言も多いしね。もっと悪友として絡んで欲しかったなーとか思わなくもない。3章は病気だし4章以降、一気に話が重くなったししゃーねーか。

オワリ:野生児兼、シモネタ担当。活躍の機会が本人の勘通り、4章以降なくてもうw 戦闘民族過ぎて体操部設定が死にすぎてるのがちょい気になった。良い子なんだが、成長がイマイチ感じにくくて、もどかしい気分でしたよと。

七海主人公以外の生き残り組に、もうちょい各各の活躍が合ったらなーとか思った。まぁ、最終局面は事態の打開ではなく、自らの過去を乗り越えることが主眼でしたから難しいっちゃ難しいでしょうけれど。にしても、現実で目覚めた彼らはどんな感じなんですかねー。オワリとか餓死寸前なんじゃね? という説もありますし。ソニアは祖国を滅茶苦茶にしてそうですしねー。前途は多難、それでも道は作られるのか。

苗木、霧切、八神:おまけ的に登場した前作主役組、元気そうで何より。八神の評判が豚足ちゃんに遠く及ばんという風にダダ下がりでしたがw 豚足ちゃんが良い人過ぎるんやw 

盾子:今作も登場したモノクマの中身。EXボス的な感じ。相変わらず7変化するのはさすが。前作以上に絶望を主人公達に叩きつけてくれました。ただ、舐めていたザコたちに反撃されて、慌てふためくところはちょっと小物っぽいw お、お前はカムクラ! という台詞にスカッとさせていただきましたと。

ガンダム;ネタ枠と思ったら中ニ病と己の信念を貫き通した男。個人的にはサクラちゃん以上に好きですはい。個別イベントもかなり良い人だしねー。我慢して母親の料理を食べるところとかホンワカします。

そろそろ書くの疲れたのでおきますが、個別イベント見ると、どのキャラも良いキャラしてて楽しいです。本編プレイ中に、出来れば全部見たかったですねー。感情移入が違いますし、そしたら裁判での絶望も倍増しになってより楽しめたと思うw ちなみに私はソニア(すぐ死ぬと思ったw)田中(すぐ死ぬと思ったw)七海(もしかしたら中盤辺りで)メカニダイ(ちなみにメカVERオンリー、生身だとイベント違うんですかね?)でした。

真昼ちゃんとか西園寺とかかわいいんですけどね、生き残って欲しかったがすく死んでしまったい。西園寺は、改心イベントの途中で死んじゃったからもうね。イブキに至っては見せ場もなく死んだとかいわれてますがw トワイライト組は総じて不憫ですねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。