レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
微妙な話
壁際の蜘蛛を先週も見たのですが、何かの暗示ですかねー。蜘蛛は他の虫を獲ってくれるそうですので、あんまり殺すのもアレかなーとかおもいますが。でも膝上に乗ってくんな。視界の隅でちょろちょろすんな。蜘蛛の巣とか張ってると、あんまり健康的じゃないですし、うーん。

テキトーに。続きからよりですが、微妙に得ろネタっぽいので注意。

寮の一階ロビー。
金森「あれ、何みてるのみんな?」
聡美「ああ、麗子さん。新しく動画サイトに公式ページ作ったじゃないですか。それの反応どうかなーと」
金森「どんな感じ?」
真鍋「無料動画はそこそこの再生数っすね。有料のは、お察しください」
金森「ああ、閑古鳥だね」
美沙「コメントで盛り上げるタイプのサイトでコメ23とか、逆に寂しくなるのです」
聡美「無料は逆に盛況ですね。万超えてますし」
金森「みんな現金だねー。それで、どんな風に言われてるの?」
綾「うーんとね、ドロップキック綺麗にできてるって褒めてくれたよー」
聡美「小学生にしては、という枕詞が付きますが。後は、真鍋にも小学生にしては口が上手いっていう」
真鍋「誰が小学生じゃー!」
金森「見た目」
真鍋「ぐは! 
美沙「そんなばっさり言っちゃダメなのです。後、微妙に言葉のドッチボール気味ですよ?」
綾「どっちぼーる綾、得意だったよ!」
美沙「お前もお前で遠投するんじゃないのです」
真鍋「くっそー平らな胸ってだけで何で小学生扱いされるんじゃー!」
聡美「身長もぎりぎり小学生っぽいしねー。子供料金で乗ってたでしょ?」
真鍋「安いからね! でも、ちょっとひどくね? こちとら○○才だってのに、小学生扱いが」
金森「見た目がもうちょっと大人っぽくなればいいんじゃない? お化粧したり?」
綾「お化粧すると、汗かいたとき凄いことになったりしない?」
聡美「最近は落ちない化粧もあるけど」
真鍋「理沙子さんに試しに毒きり水でやった時、殺されかけたからあんまりいいイメージないんだよね」
美沙「あの時の必死な形相は忘れられないのです」
金森「んーじゃあ、定番だけど、胸を大きくするとか? パットとか入れて」
真鍋「投げられて崩れると悲惨ですよそれ? あーでも、パット奪って挑発したり、パットの中に凶器入れるという手もあるか? やってみようぜ綾っぺ」
綾「いやな予感するからやー」
聡美「胸を揉むと大きくなるっていうけど……」
真鍋「それって嘘だと思うけどね。あたしも揉んだりするけどさ」
美沙「涙ぐましい努力ですね」
真鍋「いや、努力じゃなくて、えーと」
金森「何で揉んでるのさ?」
真鍋「いや、だからですね、その、色々とですね、も、もよおし」
聡美「ちょ、ちょっといきなり何言おうとしてるのさ!」
真鍋「聞くからだよ! それに女同士ではずかしがる様な話か!」
美沙「いや、恥ずかしいのですよ」
金森「あ、あはははははは、ごめんごめん。わ、私そういう時、胸触らないから気づかなかったよ」
真鍋「じゃ、じゃあ何処で? 例えばし」
金森「わーわー! 私は普通に!」
美沙「で、でもなかなかいいらしいですよ」
綾「そ、そうなの?」
聡美「何の話してんのさ! あやっぺも聞かないの!」
真鍋「こうなりゃ開き直ればいいんだ! サトミはどうやってるんだ!」
聡美「開き直るな!」
真鍋「いいじゃん、聡美も触ってなけりゃ俗説だって分かるんだ!」
聡美「さ、触ってはいるけどそれだけで俗説かどうかはって何言わすのよ!」
綾「ふわー」
社長「お前らはロビーで何話してるんだ!」
全員「ひゃぁ!」
美沙「しゃ、社長! これはその違うのです!」
社長「何が違うんだよ。まったく、女ばっかだからって、もうちょっと慎みを持て」
綾「ご、ごめんなさーい」
社長「普段からきちんとしてないと、ボロが出たりするんだからな。特に金森と聡美と綾は、キャラもあるんだから、あんまり下品なことをだな」
美沙「ちょちょっと社長、何で美沙がそのグループから除外されているのです!」
社長「いや、お前もきちんとするべきだぞ? ただまあ、真鍋と同じ系統だから」
美沙「何を言っていやがりますか社長! 美沙はぴちぴちの清純派ですよ! それをこんなのと」
真鍋「誰がこんなのだてめぇ!」
金森「こらこら、そんな喧嘩しないの。ところで社長?」
社長「なんだ?」
金森「何処まで聞いたの?」
社長「……じゃあな!」
聡美「甘いですよ社長!」
真鍋「ないす聡美!」
社長「ちょちょっと待てお前ら! お前らがそんな話をしているのが悪いんだろう!」
金森「いいとか悪いとかじゃなくてぇ、そういう記憶を持っていられると乙女として困るの。だから」
綾「失ってね♪」
社長「ちょ、おまえら高い! 高いから! 下マットじゃないから死ぬから!」
美沙「問答無用なのです!」
社長「ぎゃー!」

うん、微妙なネタでした。不快に感じたら申し訳ない&まあR指定にはならんよね、この程度ならと心配している小心者ですw 女性が集まると、どんな年齢でもおばさん化するというのが持論だったりします。むしろ、どんなに若くてもおばちゃん因子を持っているというかw リアルで言うと怒られそうですけどねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。