レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
冥土も渋滞するや否や
夏もはんばですかねー。9月も残暑で暑いでしょうが、何となく寂しくなりますねー。まあ、それもまた乙なり、という感じの話ですが。コミケとかも終わりましたしねー。大きな事故もなかったようですし、運営なさっている方々は凄いものである。

テキトーに。

金森「お盆も終わったねー」
美沙「そーですねー」
金森「渋滞が過ごそうだねー」
美沙「そーですねー」
金森「美沙ちゃんのカキ氷、食べていい?」
美沙「ダメなのです。脈絡なさすぎなのです」
金森「ボーとしているからいけるかなーって」
美沙「麗子さんは相変わらずなのです……」
金森「ところでさ、美沙ちゃんはお墓参り行かないの?」
美沙「帰るのめんどくさいのです。遠いですし飛行機代が高いのです」
金森「ケチクサ! ご先祖様は大事にしないとだめだよ」
美沙「ちゃんと仏様彫って頭下げておいたから大丈夫なのです!」
聡美「どっから突っ込めばいいのそれ?」
美沙「おやいたのですか? お店の手伝いはいいのですか?」
聡美「帰省しちゃってガラガラだからねー」
金森「それはそれで大変だねー。あ、私も仏様に手を合わせておこうかな?」
美沙「はいなのです。キリスト派の人のために十字架や、儒教の人のために曼荼羅もあるのですよ」
金森「曼荼羅は儒教じゃないと思うよ?」
聡美「いや、そもそもお盆で十字架とかに頭下げても」
美沙「こまけぇことはいいのです。あ、お賽銭をちゃんと払うのですよ? 美沙の大切な副収入なのですから」
聡美「罰が当たるよ、そんなことしてると」
金森「お賽銭ねぇ。そういえば、ご先祖さま用に五円吊るすとかなかったっけ?」
美沙「ああ確かそんなのありましたねぇ。後は馬のきゅうりとナスの牛でしたっけ」
聡美「飾っとく?」
金森「もうおそいんじゃないかな? ということはご先祖様は歩いてこなきゃいけなかったのかなぁ?」
美沙「いや、案外モータリゼーションが進んで、車で来たいのに馬とか牛用意されて困っているかもしれないのです」
聡美「まあ、確かに馬とか乗れない人はどうするんだろうって思うけどさ、あの世にガソリンとかないでしょう?」
美沙「ガソリンの幽霊でもいるのじゃないですか」
金森「どんな幽霊?」
美沙「焼身自殺とかに使われた奴とか」
聡美「一気にホラーぽくなったわね。怪談でもします?」
金森「いいよー、それじゃあね」

特に落ちは無し。ご先祖様もUターンラッシュ中ですかねー。何処からどこまでのご先祖様が来るのだか。たどりまくると凄いことになりますが。人類の始祖らしいアフリカのアダムは右往左往していたりするのでしょうかねー。唯一になると色々と大変ですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。