レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
CIV5 モンゴルはやはり強い
ぽちぽちとCIV5を再開してます。なかなか難しいが上手くいくこともある。さて、今日のCIV5はモンゴルです。皇帝、スモール、速度標準、オーバル(でいいのかな?)、6人12人で割りと標準ですね。スタンダードは大変なので、スモールになりました。オーバルは卵形のパンゲアみたいな感じだろうか? ランダムで鋭角の海岸になるそうです。まあ、普通のパンゲアとあんまり変わりはない。

さて、初手は斥候斥候労働者で牧畜といつも通り。パンゲアでも、遺跡はわりとのこりますので、がんがんとりにかかる。技術は畜産から近くに銀とスパイス(森)があったので、とりあえず採掘だけとっておく。途中遺跡から文化ゲットしたので、これは民権へゴーする。この後、首都では戦士(護衛用)開拓者(これは民権でゲット)労働者(第二都市用)戦士開拓者労働者図書館と作っていく。

さて、かなり近くにトルコがいたので、臨戦態勢として陶器は置いておいて、騎馬へ進む。近くに鹿があったので、狩を取っておこうというのもあった。馬はテキトーにAIへうっぱらっておく。騎馬を研究する前に用はない(チャリオットからのUPでもいいちゃいいが、やはり前半は金が足らん)&馬はわりと全勢力が手に入れるくらいにはありふれているので、早い段階で売らないと金にならない。

狩研究中に、これは上にあるとおり民権その2で開拓者ゲット。なんかして、スレイマンの都市の上辺り、コットン3とスパイスが取れるところに作っておく。その間に、自然発見により、幸福に余裕があるので、銀を相手にうっぱらってお金を稼いでおく。お金を大量に持っておくのは重要です。

よく言われるように、基本的に都市は新規娯楽資源>既存娯楽資源で売れそうなもの≧戦略資源>そのほかの事情、くらいで立てたほうがいい。科学力=人口=幸福なので、幸福資源がないと幾ら都市を立てても無駄ですので。AIは近い順で、トルコ、都市国家をはさんで、アステカ、ガンジー、ナポ、エリザでした。

だいたい、一個の都市作ると都市の不幸2+人口1で不幸3、一つの新規ぜいたく品で5の幸福が出るので、序盤はとりあえず幸福資源の横1つに立てれば幸福は2づつ増えていきます。後々の設備を考えると馬で+2も入ったりはするが、あんまり考えなくてもいいか。コロシアムやシアターを考えれば、作れば作るほど幸福は増しますが、時間等を考えれば現実的ではない。

新しく作った都市で、コットンを作っては売り払いで金を稼ぎ、研究協定を結んでいく。資源を5こくらい売りまくったら、80ターン目くらいなのにお金が研究協定も含めて1000くらい(たぶん、記憶はあいまい)あまりましたw オスマンは案の定、敵対宣言をしてくるが無視。騎馬は研究し終わったが、馬がなかなか戻らなくて気をもみました。研究協定は遠いエリザ等と結んでおく。近いと戦争になってよくキャンセルくらいうので。

そうこうするうちに、アステカとトルコが戦争状態に。馬がないので静観しておいたら、オスマンが負けてアステカと隣接する羽目に。まあ、宣戦ペナがなくなるからいいかと思いながら、返ってきた馬4で騎馬4つを作る。建築物は、図書館以外はわりとどうでもいい。

毛皮と真珠、及び魚の資源狙いで一都市、ツンドラ地帯に作っておく。人口増えないから、ツンドラも割合いいといえばいいし、魚があれば人口には困らない。第二都市以降は基本的にモニュメント、図書館で作ってたり。首都の状況で労働者を作りにかかったりもしますが。

アステカとトルコが和平してしまったので、とりあえず身の安全のため和平期間終了後を狙ってアステカに宣戦依頼、90ゴールドで戦争してくれる。やすいものである。今回は、AIの戦争の敷居が非常に低いので、やすく宣戦以来に答えてくれます。

もっとも、宣戦布告しても、相手をまったく攻めずにぬくる、とかいう小ざかしい真似もされますが。今回もそんな感じで、さっぱりアステカはオスマンを攻めず。まあ、仕方ないと思いながら、騎士を研究してケシクをさっさとだす。余りすぎな金で、騎馬UPしてケシクをゲット。

UPで騎馬が全体的にパワーダウンくらいましたが、ケシクの凶悪ユニットさは変わらない。というか、ケシクUPの中でパワーダウンしてなかったりしますw まあ、関節攻撃が都市に聞きにくくなったそうですが。しかし、都市が固くなって強くなった結果、ヒットアンドウェイで都市からの砲撃を受けずに戦えるケシクの強さは、むしろ相対的に上がっていたり。

さて、ケシク4と戦士2でオスマンに宣戦布告して首都を落としにかかる。戦士のままなのは、単純に鉄がなかった。首都の防御力は15くらいで、普通のユニットだとほとんど削れない&反撃を受けて体力が前と違ってゴリゴリ削られるので、カタパ等の砲撃ユニットが必須なのですが、ケシクは違う。

削れないのは一緒ですが、ケシクなら都市を攻撃してもヒットアンドウェイで都市の砲撃や敵から逃げ、直接攻撃もしないのでノーダメージで済ませられる。都市が固くなっても、ノーダメで消耗なく連続攻撃できるのだから、どんな都市もあっさり落とせます。砲撃ユニットの方が攻撃力は強いですが、足が遅く射程も2なので反撃を受けやすいので、反撃を受けないケシクは総合的な攻撃力で大分上です。

しかも、ノーダメなため戦闘回数が多く死にがたくで、他のユニットに比べてどんどん強くなっていく。移動力の高さから逃げやすく、相手に奇襲を受ける可能性も低いですし、自領に戻っての回復も楽です。地味にチートなハーンもあるし。プレイヤーが使う場合は、中世最強のユニットなんじゃないかと思う。VSプレイヤーだと違うでしょうけれど。

Lv5くらいでダブルアタックつけると、現代歩兵すら圧倒できます。CIV4での雑魚ユニットっぷりが嘘のような強さ。ということでオスマン首都守備力15をノーダメージで落とし、さらに周辺の都市も落として完璧に殲滅する。ユニット損耗も当然なし。

お金が余っていけないので、都市国家と同盟して貰える資源で幸福を稼ぎつつ、次はモンちゃん。ケシク4とロングソードマン2で交易詐欺しつつ宣戦布告。モンチャン中世なのに大体のユニットがジャガーという軟弱さ。皇帝だとこんなものである。あっさり消滅させて次、インド。

首都29のデリーをLvUPのケシクのヒットアンドウェイで同様にして落とす。敵は平和主義なためか兵がいず。UBのせいで、都市攻撃で大分損耗するのですが、こっちはケシクだ。文化は名誉で経験値増加を手に入れたら都市国家の援助へ、幸福がやばくなったので都市国家から資源もらいつつ、幸福倍増加が欲しかったのですが、あんまり意味がなかった。次、ナポレオンへ。

ナポレオンは少し前の段階で、近くのエリザベスに宣戦依頼してぶつけておく。資源一つで受けてくれた太っ腹。少したって、エリザベスの都市が削れているのを確認しつつ、フランスへ宣戦布告。狙い通り、フランスはろくなユニットがいず、丸裸の首都30をLv7でダブルと射程アップと障害無視ケシクを使い落として、残りの都市も散発的な抵抗を排除し、殲滅。

ラストは、ナポに都市を落とされ首都のみになったエリザベスをさっくり殺して188ターン、1280年(だと思ふ)に制覇勝利。ケシク4隊とロングソードマン2体で全勢力を駆逐できました。幸福は、パペット都市と自分で立てた初期と都市3つの幸福資源9つと多めだったのが幸いして、-10には行かなかった&売りまくって稼げたのが良かったです。

かなり楽勝でしたね、ケシクが強すぎなくらいである。制覇ならケシクが一番便利かもしれない。文化は民権2、援助2、名誉2、といった感じでした。序盤でお金を稼ぎまくり、相手の共同研究の足を引っ張ったりしたり都市国家の同盟を増やしたのも微妙に良かった感じ。お金がいっぱいあると、心理的に余裕が出来ますからね。

さすがDLC文明だとか思いながら、さて次は不死にいきましょう。テニぃーくらいにしてみましょうかねー、なれるために。大きくなって敵が増えると、難易度が上がりますから。勝てない場合は一ランク小さくして戦ってみるのも一手であります。早く終わるし処理しやすいし、練習には最適です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG