レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
侍道4 初心者用入門戦闘TIPS的何か
最終なりわいをクリアしました。いやぁ、色々と燃える展開でしたねー。ストーリーとしては前時代的といえばそうなのですが、やはり皆が協力して大勢力に挑むのはいい。味方がどれだけ役になっているかというと?ですがw 集団戦はもうちょい何とかしてほしいですねー。大量の敵とその攻撃力で、3回くらい死にましたが。普通でこの難易度とは。範囲が広くてつまぎりで無双できないのが厳しい。その反面、達成したときはいい年して声をあげて喜んでしまうくらいには、達成感がありました。でも、ラストはバトルロワイヤルで流派回収w 侍道は外道なことやらんと流派や武器をコンプできません。

必要なのは活復がついた武器ですね。活復2くらいはないとだめでしょうか。ういろうなんて持ち込んでも、すぐ消費してしまいますし、つまぎり使えないから阿修羅きのこもいらない。秘薬10個でいいっかな? 後、途中離脱できるとはいえ40%くらいまでは戦わないといけないので、カンスト武器が5本くらいか。それ以下なら、刀油があった方が無難か。フカイあるなら解決ですが。

さて、朝すげえ早く起きたので、今日のお題ですが、前回書き忘れた侍道4の初心者へのアドバイス的な諸々について、補足的な何かですね。後は、知っていると楽できるかもしれない何かとか、無意味な何かとか色々です。まあ、思いついた順にテキトーに。

戦闘関連アドバイス

・活力について:このゲームでは、体力(命)が敵の攻撃で、凄い勢いで減ります。数発、いいのもらうとあっさり死ねる。ですが活力が残っていると、その活力を使って体力が自動で回復します。ただし、攻撃していない&攻撃を受けていない&ジャンプしていない時に限ります。また、活力の量によって、体力の回復スピードが変わります。活力が多いと早く回復するが、少ないとゆっくりとしか回復してくれません。

なので、なるべく活力は高く保ちたいところですが、様々なことで消費してもしまいます。何をすると活力を消費するかというと、先ほどの挙げた体力がオートで回復した時、戦闘で攻撃をした時、及び全体地図を出してテレポート移動をした時に、基本、消費されます。

戦闘で攻撃した時というのはどういうことかというと、通常攻撃を含め、どんな技を使っても活力を消費するということです。□ボタンの弱攻撃でも、ジャンプキックをしても活力は消費されます。また、技によって活力消費は違います。基本、強い攻撃は活力消費が激しいです。尚、戦闘以外の時に攻撃をしても、活力を消費するので注意しましょう。

活力が0になってもペナルティは特にありません。技が使用できなくなったり(一部のビックバン等の技は使えなくなりますが)、能力が極端に落ちたり、テレポート不可になったりはしません。しかし、体力が回復しなくなります。このゲームは敵の攻撃力が高く、体力がマックスでないといつ死ぬか分からないゲームなので、これはなかなか厳しいです。

なので、なるべくひよこういろうやおにぎり等の活力回復アイテムを持ち歩く、減ってきたら飯屋やレストランで食事をしたりして、活力を回復する等が必要となります。この際の注意点として、夜になるとほぼ全ての飯屋やレストラン、道具屋がしまってしまい、活力の回復やアイテムの補給が店で出来なくなってしまうので、夜に活動する際は注意しましょう。

戦闘時に、活力がなくなっておにぎり等のアイテムを食べる際には、モンハンよろしく食事モーションがあるため、なるべく敵から距離を取って食べましょう。早食いや丸食い等の食事モーションを短縮化する技も、流派によってはありますので、それを使うのも手です。その他のアイテムを使う際も同上。ただし、砥石等の刀の硬度に関するアイテムのモーションは早くならないので注意。

敵との距離のとり方はR2ボタンを押すと、敵へのロックを外し素早く移動できるようになるため、上手く活用しましょう。ただしR2ボタン中は、近くにいる敵等がこちらを逆にロックして攻撃してくるので、思わぬ攻撃を受けることがあります。

その他、刀に活復の魅力があると、食事をしなくても立っているだけで自動で活力を回復できるので、活用しましょう。活復が一つでも十分便利ですので、多少、時間がかかるかもですが、雑魚から手に入れた刀を解体しまくり、早い段階で活復が一つついた刀を創作して作っておくといいです。尚、魅力を二つ以上つけようとすると、結構な手間ですので初心者にはお勧めしません。

・敵の活力について:敵にも活力があって、プレイヤーと同じように使われます。つまり、敵も何もしていないと体力が回復していくということです。なので、こちらの体力回復を図る時などで逃げ回りすぎると、相手の体力も回復してしまう、ということもよくあります。特にボス敵と戦う際には注意。みねうち等で、相手の活力を減らせますが、威力が低いので弟子を集める時等の必要な時以外には、あまり有用ではありません。

・戦闘操作アレコレ:戦闘では刀が強ければ、やたらめったら振り回すだけでも結構いけますが、上手く操作すれば効率的に闘えたりもします。例えば、距離をとって相手が攻撃を空ぶった瞬間に攻撃する、ステップを使って回避して攻撃する、相手の攻撃パターンを読んで、防御でいなして大技を叩き込む等。

相手は、流派によって特定の攻撃パターンを繰り返しますので、上手く見極めて戦いましょう。ちなみに、COM自体も多少戦法を心得ていて、防御を固めていたりすると投げられたり防御不可技を受けたり、同じ攻撃を繰り返すといなされたりします。基本は、相手と距離をとって、空ぶったところを攻撃する、というのが安定です。

その際には、長い刀の方が基本的には有利です。硬度が減りやすい、等も言われていますがリーチの利点はそれでも大きい。注意点として、一部の流派の技は、格ゲーで言う突進技があり、一気に間合いをつめてくることがあります。それと、槍のリーチは刀を基本上回るので接近が基本。さらに銃はリーチが無限に近いですので、海兵隊と戦う際には逆に近い間合いで戦わないと、あっさり撃ち殺されます。銃は剣より強し。

また、防御に関してですが、説明書の説明を噛み砕くと、突き等の突っ込んでくる攻撃には引きガード、回って切り払ってくる攻撃には通常ガード、通常攻撃には押し込みガードをすると勝てるはず。溜め攻撃はどの防御でも崩されます。ちなみに、銃撃と投げと蹴りは、防御出来ずダメージを受けるので注意。まあ、突っ込んでくる通常攻撃もあったりして、見た目は流派によって異なるのですが、基本は前記の理解で大丈夫です。相手のガード傾向は、見た目では分かりませんので、なるべくガードされないようにするのがよいでしょう。

・刀の硬度について:刀には硬度があって、これが0になると刀は折れてしまいます。折れた刀の攻撃力は0に近いくらいの極小なので、なるべく折らないように戦うのが基本です。尚、折れてしまった場合も鍛冶屋の精錬で磨けば、元に戻ります。不壊の銘を付ければ、問題ないのですが初心者がやるような話ではありません。

さて、刀が折れないための対策としては、戦闘したらなるべく鍛冶屋で回復するのが基本。メニュー画面で確認する他に、通常画面の左下の体力や活力のメーターがあるところに刀のマークがありますが、その色によって刀の状態がわかりますので、参考にしましょう。基本、白が硬度が高い状態で、黄色が硬度が半分くらい減った状態、点滅赤色が折れる一歩手前で、黒で折れてしまった状態です。

それと、精錬で硬度を上げるのが一番ですか。最高2000で、一回ごとに500上がるため、どんなに硬度が低くても4回でカンスト出来ます。ちょっとお値段が攻撃力を上げるに比べると高め&値段の上昇値が高いので、早い段階でやっておくor鋳直しであげるという手がありますか。2000あれば、通常のプレイなら滅多に折れません。

その他として、刀油や打ち粉を使うというのもあります。両者それぞれ、一定期間、刀の硬度が減らなくなる、減りにくくなる便利アイテムです。時間は刀油が5分ととても長いので、極めて優秀な一品。土産物屋や鍛冶屋で売っています。尚、これらのアイテムと砥石は、刀を抜いていないと使えないため注意してください。これらアイテムのモーションを省略する技はないので、戦闘系のなりわいや依頼を受ける前に使っておくのがいいかと思います。

さて、刀の硬度はどういうときに減るかというと、主に攻撃した際に敵や物に当たった時と、相手の攻撃を防御した時に減ります。特に、相手の攻撃を防御した際には大きく減少する(と思う)ので、注意して戦いましょう。尚、これは相手も同じで、相手に攻撃をガードさせまくると、相手の刀を折ることが出来ます。刀が折れた相手が雑魚ならば、降伏してくれます(コレに追い討ちをかけるとあっさり殺せますw)。

また、固有キャラ等のボスでも折れます。ただし、別の刀を出してきて、降伏はしませんが。レア刀を狙う場合に使えたりもします。固有キャラも数本折ると刀がなくなり、折れた刀で戦ってきてくるため、攻撃力ががた落ちなり楽に倒せます。もっとも、固有キャラの刀を折るには、特定の刀折の技でも使わないと難しいですが。

・戦闘依頼前の事前準備:活力と刀の硬度を回復しておくこと。当然、使う刀を帯刀しておく。蕎麦屋、すし屋、レストラン等の後から効いてくる系の能力UP系の食事をとっておく。阿修羅きのこ、きのこ等で、つまぎりゲージをマックスにしておく。秘薬や回復アイテムを準備しておく。

それと、チョコレートやワイン瓶、刀油を箪笥の前で使って、すぐさま箪笥からさらに必要なモノを出す、というのも地味に有用です。尚、能力値アップ系のアイテムや食事の注意点として、何らかの事情でセーブポイントからやり直したり、やられた後のリトライをしても、アイテムの能力値上昇は取り消されてしまい、保存されませんので注意。つまぎりゲージはリトライ後も、もちこされ保存されます。

とりあえず、こんなところですか。まあ、説明書嫁、という内容も結構ありますが、皆めんどくさがって読まないからにw 私も読まなかったものですから、R2の存在とか気づきませんでしたよとw 活力はもっと余裕を持たせて欲しいですよねー、すぐにゼロになるし。

拍手をどうもありがとうございます。どうも初心者には敷居が高い感じがしますよね、このゲーム。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。