レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今回の参院選に関するあれこれ
さて、いきなりですがタイトルとしてまず、山田太郎先生は、残念ながら落選でした。しかし落選でも個人で28万近くの票を取れたのは素直に喜びたい。ぶっちゃけ5万くらいが限度やろうなぁ、と悲観してたしw この28万ってのはおおよそ、社民党の福島瑞穂先生並みの数値で、野党トップの個人票獲得と奇跡に近い数字。

そも山田先生は、失礼ながら政治家として(公人としてはともかく)なんもない人なのである。地盤なんてない、知名度だってない(いまだ山本太郎氏と間違える人が多いし本名? とか言われるくらいである)、そもそも山田先生が参議院議員になったのは重ねて失礼ながら単なる幸運のたまもので、当選時には箸にも棒にもならぬ泡沫議員だった。そして今回の選挙は、党のバックアップ体制はない、直前の維新とのごたごた、与党優勢の情勢、100%落選と言い切れられる予想状態ともろもろの逆風の中、提示した政策と参議院議員としての実績だけで28万である。これを素晴らしいといわずに何を素晴らしいというのか。

無論、落選は落選で、表現規制反対に対して積極的に動いてくれる議員はいなくなってしまった中で、五輪浄化だとか改憲とか青少年健全育成法とかのもろもろの逆風がサブカルチャーに襲い掛かるのは目に見えているので、未来ははっきり言って暗い。が、少なくとも半世紀の間、オタクなんて票にならない気持ちの悪いゴミどもだし、さっさと法律で規制して牢獄にぶち込んで死滅させてしまえ(ここ十年の動きだけでもそういう危機だったんだよ、マジで!)、なんて規制派が高笑いしていたのに、少なくともオタクだって適切な候補がいればまとまることはできる、あるいは表現規制に関して眉をひそめている人は労働組合の組織票並みに一定数いると示せたのは大きいかと。

もっとも、もろもろ花粉症やインダストリー4.0などの他の問題に興味がある方や、山田先生の実力を買っての投票の方もいらっしゃるり、必ずしも表現規制だけの支持ではないことを忘れてはいけませんけどね。インダストリー4.0をみんな読むんだ! 面白いぞ!w 表現の自由の守り方なんて言う本もあるので、山田先生を今知った方はぜひよんでねw 

さて話は戻して、何度も言いますが、サブカルチャーにとって未来は全く明るくありません。が、可能性は示せた。示すことさえ今まで難しかった可能性が今回の選挙にはあったのです。その点だけでも素直に私は喜びたいです。そして、ご尽力なされていた山田先生並びに関係者各位、反規制で戦い続ける団体の方々、並びに赤松先生などの忙しい中でも動いていただける著名人の方、そして投票していただいた方々には感謝を。

まぁ私なんぞは末席も末席でせいぜい投票するだけのクソ怠け者なので、偉そうなことは言えませんが、ただまぁ今回の可能性が次につながるかはまだ分からんわけで。その辺り私なんぞが言うまでもなく、何とか生かせるよう頑張ってほしいし、がんばりたいですよね。

山田議員から離れて野党ですが、共闘と統一戦線はよかったと思いますよ。与党盤石の中、野党間でうじうじやってもしゃーないし。ただ野党に関しては、批判勢力としてだけでなく与党の補完勢力としての面もがんばって強調できればええかなと思ふ。批判だけがどうも目立って取り上げられちゃってるけど、政治に興味のない人の与党の信頼をなかなか揺らげる程の批判はできてないから、逆に野党が小うるさいだけの印象を与えかねんし。

あと自衛隊批判や解体論は時代錯誤だから改めて欲しいなっていう。正直なところいつまで昭和気分なんです? と言いたくなるような言動が左の一部ではあるし。災害等での功績などで、長い苦労をもって得た地位があり、さらに身近な脅威があり得ないとは一見しては言えない昨今の情勢下で、自衛隊不要論は非現実的に聞こえるわけで。9条論も守った方がいい派だけど、がちがちに論議するほど重要な問題点じゃないのと、身近な脅威に関する不安には非戦ブランドの論理は勝てないだろうなぁ、というのが印象だから、その問題に関してはくれてやれ。

どうぞ国防軍にでもなんでもしてやれ。どうせ名前変わるのと厄介な仕事を国際社会から押し付けられるようになるだけだし。その代り緊急事態要綱をしばるとかした方がいいんじゃないかなと軍事に関しては。改憲問題の感想は、9条9条いうのは封印してくれ、頼むから。与党の改憲案なんて悪夢以外のなにものでもないのだが、9条9条いうと、そのひどさが9条問題によって隠れてしまうので、頼むから9条は一言もしゃべらんくらいにして、他の問題に強制的にでも目を向けさせるようにしてほしいっす。私は9条変えなくていい派なんですけどね、自衛隊合憲論者だし今さら戦争云々とか言い出してもめんどくさいことに巻き込まれるだけだしブランドは実際あるらしいし。

まとめると、安定している与党を打ち負かすように勝つのは厳しいのが現実で、なら与党とは別の仕事ができますよ、的な面をもっとクローズアップした方がええかもなと思ふ、素人考えやし、もうやってるのかもしれんが。そういうことを主張していた(と思う)山田先生の落選は、つくづく惜しいなぁと思ふ。まぁこんなところで。
スポンサーサイト
page top
参院選全国比例はぜひあの方にという話
参議院選は全国比例区は、新党改革(追記として推薦を受けただけで入党したわけではない)の山田太郎先生に投票してきました。山本ではなく、山田ね、山田。表現規制への反対をしてくれる議員は右左翼関係なくほどほどいらっしゃいますが、ちゃんと公言してそれを中心に据えてくれる方は山田議員くらいですからね。

公言してくれない議員の中には、党内の立場とか純粋に忙しいとか色々とあって、安定して規制反対をしてくれるかは難しい面もありますし。あ、もし山田先生に投票なさる方は、ぜひ個人名でどうぞ。比例ですが、個人名を書かないと山田先生の票にならないく、また新党改革の党首に勝たないといけないので、個人名投票で高いレベルになる必要があるのですはい。

山田先生の実績もまた表現規制反対派の立場からみて昨今稀にみる実績の持ち主ですし。TPPによる著作権の非親告罪化を未然に抑えて発行した際に同人を守れるようにし、児ポ法に実在モデルのいない創作物を含めないという言質を取って決着をつけ、軽減税率を悪用した検閲を阻止し、今年3月は国連の日本の女学生13%は援助交際しているという意味不明な報告を糺して誤りを認めさせ、と評価できる行動を挙げればきりがないですからね。

その他、花粉症対策で杉を広葉樹に変えようなんかもやってくれるようですから、花粉症にお困りの方も是非w そして、もし仮に表現規制問題が一番気になる方は新党改革の山田太郎先生にぜひお願いします。もしかしたら当選するかも、という圏内に入ってきたっぽいしね! ぶっちゃけ誰も当選できるとは思ってなかったろうから、一新聞の投票調査とはいえ、新党改革の議席予想は、完全な0予想だったのが0~1予想に上昇したのは、山田太郎先生の影響やろうし、奇跡に近いかもしれん。

そして、もしかしたらまで来てたんだから、ここは本当に奇跡を表現規制反対に興味を持つ方々に起こしてほしいもの。表現規制は票にならない、という認識を改められるチャンスかもしれないしね。まだまだ青少年健全育成法や五輪名目の表現浄化、改憲による表現の自由の制限など、規制の種は残っているし、もし仮に表現規制に興味がおありなら、全国比例区でぜひ山田太郎先生の名前を書いて、ぜひ投票してくださいな。奇跡の担い手はあなたかもしれない?w
page top
オーバーウォッチやってた ゲンジ編
ゲームの話題してなかったけど、最近はずーとオーバーウォッチとHOI4と片道勇者やってました。どれも面白いので困る。とりあえずタイトルの通り、オーバーウォッチの話でもしましょう。簡単に言うと、対戦型FPSですね。オンラインモードオンリーです、基本的には。動かしやすくゲーム性もわかりやすいので楽しい。

で、ゲンジは機動力型! 壁のぼりとニ段ジャンプ、高速移動攻撃スキルの風切りで飛び回りながら戦うテクニカル形です。火力体力は低めなので、扱いは難しいという評判。私は中忍くらいの腕前かな? 上忍にはさすがに届かないっす。そんな自称中忍からの扱いアドバイス!

基本的には相手の裏を取るキャラです。なので、壁や建物に登ったり多少、遠回りをしつつ相手の後ろを取るのが吉です。あんまり遠回りすると間に合わなかったりしますがw うらを取ったら基本的には回復>後衛>前衛>タンクの順で殴っていく。回復は放っておくと倒すのに時間がかかるので。

相手に気づかれたら基本は2段ジャンプを駆使して、縦横に飛びつつ、手裏剣を投げて攻撃しましょう。ジャンプ中は攻撃が当たりづらいですが、こちらの手裏剣はあてずらいので3ウェイ手裏剣の方を投げるといいかも。ただ横に飛ぶのでなく、相手を飛び越したり、風切りで奇襲をしたりと動きに工夫し、着地狩りをさせないようにすること。この際、ただ真後ろに下がると狙われやすいので、なるべく斜め後ろや斜め前に飛んで行くこと。

また、上記のように、ジャンプ手裏剣はあてづらいので練習は無論ですが、ジャンプ状態のメイン兵器は風切りです。非常にあてやすく、威力もそこそこで高速移動してくれるため攪乱にも使えます。ジャンプ手裏剣は、風切りのCT回復までのつなぎ。また相手を倒すと風切りのCT回復するので、弱ってる相手には積極的に風切りを使いましょう。風切りは、攻撃だけでなく逃走などの移動手段としても優秀ですので。ただし、風切りは無敵がつくわけではないので、攻撃している相手の正面から使うと反撃を食らってやられることもあるので注意。

また敵に遭遇した直後に木の葉返しも効果的。木の葉返しは、ビーム系と近接攻撃以外は全部、反射できる優れた攻撃です。相手は接敵した瞬間だとビビッてぶっぱしてくる人が多いので、これで反射するとゲンジの低火力が補えます。ただし、当たり前だが人によって、ちゃんと見てくる人もいるので過信は禁物ですが。また、逃げるときに使用したり、相手の攻撃を反射して他の敵を倒したり、けん制したりと使い方色々。例えばタイミングは近距離で接敵した瞬間、相手が誰かに攻撃しているのに目の前に割り込む、乱戦の途中等々。

反射できない通常攻撃はのは、ザリアの通常(砲弾の方は返せる)、メイの通常(つららの方はいける)、ゴリラの通常、シンメメトラのタレット&通常攻撃くらいですな。ULT木の葉返しの方それぞれ類型に分けると、ロードほっぐ&リーパー&ソルジャー(この3人のULTの始まりからに合わせると、木の葉返しの効果時間が切れる恐れがあるけど)、バスティオン&マクリー(発生が分かりやすいので返しやすい。まぁマクリーはなかなか打たなかった場合はきついが)、ファラ(返せるけど、体力低いと近くにおちた爆発に巻き込まれて死ぬ場合も)、タレット爺(返せるが、反射でタレット壊そうとしたり、他の敵に押し付けようとするのは無謀、すぐ逃げよう)、ジャックラフト&DVA(返せない。逃げましょう)、ハンゾー&トレーサー&ザリア(返せるが判定は一瞬なので難しい。とはいえ、それぞれ打つタイミングはある程度、読めなくもないので頑張ればいけるかも?)といった感じか

さて、動きの基本を続けると、倒す際の手裏剣は、基本ですが気づいてないならヘッドショットを狙いましょう。低火力なゲンジでも、頭にあてれば手裏剣の3連射で半分くらい削れます。また、気づかれてないのにピョンピョン飛ぶのもよくない、こちらの攻撃が当たらんので。、必要がなければ地上行動で。もっとも、ピョンピョン飛んでると不意打ちに強くなるわけですが。

建物を乗り越えたり、上に乗ったりするのも忘れず、建物の上に逃げれば、視界が切れるし上に登れないキャラは楽に振り切ることができます。風切りとかで上に飛ぶのもあり。相手の裏鳥だけでなく、乱戦時に建物に登っていったん、視界をきり後ろを取る、攪乱するなんてのも面白いです。

龍神の剣は飛びながら使いましょう。地上で走り回りながら使うだけだと、不意打ちを食らいがち。多少なりともジャンプしてればそれを防げます。また、ジャンプしてても判定が広いので非常にあてやすい、そしてかっこいいのでお勧め。ジャンプ中でもスキルは使えるので、風切りを使ってすぱすぱ切っていきましょう。ピンチの時にはもったいないが木の葉返しだ!

小ネタとしては、ザリアのブラックホールULTから風切りで逃げられます。また、手裏剣→通常近接攻撃がコンボとしてすぐさまつながったりも。有名なコンボとしては、風切り→手裏剣→通常近接などで相手に一気に近づいて倒したり、手裏剣通常風切りで一気に相手をけぜずったりします。邪魔なルシオを倒すときにぜひw とりあえずこんなところで。
© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。