レッスルエンジェルスシリーズの妄想を放り投げるプログでした。今はゲーム話とTRPGがメイン?
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今更だけどこち亀終わっちゃいましたねー
どうもお久しぶりですという更新。ゲームはオーバーウォッチと何故かアイギスをずっとやってましたw アイギス面白いよw 通常プレイにも課金しないとにんともかん友ですが。今回は上の通り、こち亀の話ですね。まさか終了するとは思わなんだ。秋本先生がお亡くなりになっても続くもんだと思ってた(失礼)w まぁ40周年という区切りのいいところですし、先生も60台で、50周年となるともしかしたらもちらつくお年ですからしゃーない話ですが。

代わりにアニメやらないかなーと思ふ。ルパン三世みたいにスペシャル特番を年1回やるとかの形でもええしさ。サザエさんみたいに継承してほしいなーと。まぁ予算もろもろの都合があるから難しいでしょうが。アニメ1時間スペシャルを見逃した奴はここにいますw うーんしまったねぇ。

そういえば、一部のファンから色々といわれる100巻以降や最近のも読んでみているのですが、普通にこち亀で面白いね。私も70~90巻代辺りが好きな口ですが、120~200くらいの間も面白いね。一部、昔のエピソードの焼き増しがなくはないが、まぁ死ぬほど話数多いんだしそれはしゃーないw でも着ぐるみネタはさすがに手抜き臭がしますなw

ちなみに一番好きなのは、70巻くらいの鉄道レースで最後にジェットブースター使って無理やり一位になる話が好きですw あとは、海パン刑事とかも好きw 両さん結局、結婚しなかったけど、お似合いなのはちゃんと手綱を握ってくれそうな纏か麗子ですかねー。早矢はイメージわかないし、マリアは甘やかしそうだしでw 擬宝珠家にもう入り婿してるようにしか見えんw

負債総額1兆円程度だったのかーとか思いながらw 10兆くらいあるかと思ってたw 一番大きいのは遺産破壊しまくった両津彗星の件ですかねw あれで1兆だったはず。東京五輪とかで日暮ネタをまたやってくれますよねw こち亀そのものが4年に一度になるのだろうかw ミスタークリス他、新作も考えていらっしゃるようですし、秋本先生にはこれからも体に気を付けてマンガを描いてほしいですよね。
スポンサーサイト
page top
今回の参院選に関するあれこれ
さて、いきなりですがタイトルとしてまず、山田太郎先生は、残念ながら落選でした。しかし落選でも個人で28万近くの票を取れたのは素直に喜びたい。ぶっちゃけ5万くらいが限度やろうなぁ、と悲観してたしw この28万ってのはおおよそ、社民党の福島瑞穂先生並みの数値で、野党トップの個人票獲得と奇跡に近い数字。

そも山田先生は、失礼ながら政治家として(公人としてはともかく)なんもない人なのである。地盤なんてない、知名度だってない(いまだ山本太郎氏と間違える人が多いし本名? とか言われるくらいである)、そもそも山田先生が参議院議員になったのは重ねて失礼ながら単なる幸運のたまもので、当選時には箸にも棒にもならぬ泡沫議員だった。そして今回の選挙は、党のバックアップ体制はない、直前の維新とのごたごた、与党優勢の情勢、100%落選と言い切れられる予想状態ともろもろの逆風の中、提示した政策と参議院議員としての実績だけで28万である。これを素晴らしいといわずに何を素晴らしいというのか。

無論、落選は落選で、表現規制反対に対して積極的に動いてくれる議員はいなくなってしまった中で、五輪浄化だとか改憲とか青少年健全育成法とかのもろもろの逆風がサブカルチャーに襲い掛かるのは目に見えているので、未来ははっきり言って暗い。が、少なくとも半世紀の間、オタクなんて票にならない気持ちの悪いゴミどもだし、さっさと法律で規制して牢獄にぶち込んで死滅させてしまえ(ここ十年の動きだけでもそういう危機だったんだよ、マジで!)、なんて規制派が高笑いしていたのに、少なくともオタクだって適切な候補がいればまとまることはできる、あるいは表現規制に関して眉をひそめている人は労働組合の組織票並みに一定数いると示せたのは大きいかと。

もっとも、もろもろ花粉症やインダストリー4.0などの他の問題に興味がある方や、山田先生の実力を買っての投票の方もいらっしゃるり、必ずしも表現規制だけの支持ではないことを忘れてはいけませんけどね。インダストリー4.0をみんな読むんだ! 面白いぞ!w 表現の自由の守り方なんて言う本もあるので、山田先生を今知った方はぜひよんでねw 

さて話は戻して、何度も言いますが、サブカルチャーにとって未来は全く明るくありません。が、可能性は示せた。示すことさえ今まで難しかった可能性が今回の選挙にはあったのです。その点だけでも素直に私は喜びたいです。そして、ご尽力なされていた山田先生並びに関係者各位、反規制で戦い続ける団体の方々、並びに赤松先生などの忙しい中でも動いていただける著名人の方、そして投票していただいた方々には感謝を。

まぁ私なんぞは末席も末席でせいぜい投票するだけのクソ怠け者なので、偉そうなことは言えませんが、ただまぁ今回の可能性が次につながるかはまだ分からんわけで。その辺り私なんぞが言うまでもなく、何とか生かせるよう頑張ってほしいし、がんばりたいですよね。

山田議員から離れて野党ですが、共闘と統一戦線はよかったと思いますよ。与党盤石の中、野党間でうじうじやってもしゃーないし。ただ野党に関しては、批判勢力としてだけでなく与党の補完勢力としての面もがんばって強調できればええかなと思ふ。批判だけがどうも目立って取り上げられちゃってるけど、政治に興味のない人の与党の信頼をなかなか揺らげる程の批判はできてないから、逆に野党が小うるさいだけの印象を与えかねんし。

あと自衛隊批判や解体論は時代錯誤だから改めて欲しいなっていう。正直なところいつまで昭和気分なんです? と言いたくなるような言動が左の一部ではあるし。災害等での功績などで、長い苦労をもって得た地位があり、さらに身近な脅威があり得ないとは一見しては言えない昨今の情勢下で、自衛隊不要論は非現実的に聞こえるわけで。9条論も守った方がいい派だけど、がちがちに論議するほど重要な問題点じゃないのと、身近な脅威に関する不安には非戦ブランドの論理は勝てないだろうなぁ、というのが印象だから、その問題に関してはくれてやれ。

どうぞ国防軍にでもなんでもしてやれ。どうせ名前変わるのと厄介な仕事を国際社会から押し付けられるようになるだけだし。その代り緊急事態要綱をしばるとかした方がいいんじゃないかなと軍事に関しては。改憲問題の感想は、9条9条いうのは封印してくれ、頼むから。与党の改憲案なんて悪夢以外のなにものでもないのだが、9条9条いうと、そのひどさが9条問題によって隠れてしまうので、頼むから9条は一言もしゃべらんくらいにして、他の問題に強制的にでも目を向けさせるようにしてほしいっす。私は9条変えなくていい派なんですけどね、自衛隊合憲論者だし今さら戦争云々とか言い出してもめんどくさいことに巻き込まれるだけだしブランドは実際あるらしいし。

まとめると、安定している与党を打ち負かすように勝つのは厳しいのが現実で、なら与党とは別の仕事ができますよ、的な面をもっとクローズアップした方がええかもなと思ふ、素人考えやし、もうやってるのかもしれんが。そういうことを主張していた(と思う)山田先生の落選は、つくづく惜しいなぁと思ふ。まぁこんなところで。
page top
参院選全国比例はぜひあの方にという話
参議院選は全国比例区は、新党改革(追記として推薦を受けただけで入党したわけではない)の山田太郎先生に投票してきました。山本ではなく、山田ね、山田。表現規制への反対をしてくれる議員は右左翼関係なくほどほどいらっしゃいますが、ちゃんと公言してそれを中心に据えてくれる方は山田議員くらいですからね。

公言してくれない議員の中には、党内の立場とか純粋に忙しいとか色々とあって、安定して規制反対をしてくれるかは難しい面もありますし。あ、もし山田先生に投票なさる方は、ぜひ個人名でどうぞ。比例ですが、個人名を書かないと山田先生の票にならないく、また新党改革の党首に勝たないといけないので、個人名投票で高いレベルになる必要があるのですはい。

山田先生の実績もまた表現規制反対派の立場からみて昨今稀にみる実績の持ち主ですし。TPPによる著作権の非親告罪化を未然に抑えて発行した際に同人を守れるようにし、児ポ法に実在モデルのいない創作物を含めないという言質を取って決着をつけ、軽減税率を悪用した検閲を阻止し、今年3月は国連の日本の女学生13%は援助交際しているという意味不明な報告を糺して誤りを認めさせ、と評価できる行動を挙げればきりがないですからね。

その他、花粉症対策で杉を広葉樹に変えようなんかもやってくれるようですから、花粉症にお困りの方も是非w そして、もし仮に表現規制問題が一番気になる方は新党改革の山田太郎先生にぜひお願いします。もしかしたら当選するかも、という圏内に入ってきたっぽいしね! ぶっちゃけ誰も当選できるとは思ってなかったろうから、一新聞の投票調査とはいえ、新党改革の議席予想は、完全な0予想だったのが0~1予想に上昇したのは、山田太郎先生の影響やろうし、奇跡に近いかもしれん。

そして、もしかしたらまで来てたんだから、ここは本当に奇跡を表現規制反対に興味を持つ方々に起こしてほしいもの。表現規制は票にならない、という認識を改められるチャンスかもしれないしね。まだまだ青少年健全育成法や五輪名目の表現浄化、改憲による表現の自由の制限など、規制の種は残っているし、もし仮に表現規制に興味がおありなら、全国比例区でぜひ山田太郎先生の名前を書いて、ぜひ投票してくださいな。奇跡の担い手はあなたかもしれない?w
page top
誰にだって品格は必要だ
相撲の千秋楽が終わりましたね-。今更ですが、色々と残念なことが多い千秋楽でした、特に観客と日馬富士が残念すぎた。そして白鵬は素晴らしい相撲で優勝して、さすが横綱ッて感じでしたねー。観客は横綱の品格が-とか言ってるくせに、他のスポーツでも中々見れない不快さでした。ああ、嫌味ではなく真面目にそう思ってます。

千秋楽のインタビュー中のブーイングしかり、白鵬ー鶴竜戦での鶴竜コール然り。品格を語るならそういう行為は謹んでほしいものです。特に鶴竜コールは、白鵬負けろという下心が見え見えで、応援という形の影に隠して罵声を浴びせるという行為が、品格があるか語るまでもありません。コール自体は、進行の邪魔をしないかぎりまぁいいんじゃね、と思わなくもないですが、こんな使い方がもし何度も見られるなら、禁止にした方がいい。本当に相撲の品格が問われる。

千秋楽のブーイングに関しても、居酒屋で愚痴るくらいですますべきことを、最低限のマナーも守らずにインタビューにぶち当てるという行為がとても残念でしたな。千秋楽、わざわざ高い金払って見に行くなら、ファンとしても熱心な方々なのでしょうから、そのご自身の行為が、テレビに映った時、相撲ファンとして品格のあるものかぜひ鑑みてほしいものです。

千秋楽に関しては、日馬富士が残念な相撲を取ってくれました。安易な突撃で自爆という。足の怪我だからそれに賭けたっぽいですが、完全な失敗で、白鵬にも迷惑をかけたとしか言いようがありませんな。そも怪我するなということだし、怪我を押して出るなということでもある。おかげで9-6という日馬富士にしては残念な成績に終わったわけで。そしてさっさと公傷制度を再開しろということでもある。

白鵬の件で、私の中で株が上がったのが横審で、ダメ押しをちゃんと注意しつつも、千秋楽のいなしに関してしっかりと白鵬の技術を認めて、ブーイングした観客たちに乗せられずにコメントしたのは流石でした。ダメ押しは、危ないしけが人が出たから注意するべきこと(もっとも、今後も色んな形で事故は起こりうるから、土俵周りの安全性に気をつけたほうがいいんじゃね? と思うが)だから当然でも、それに乗じて千秋楽のいなしが所詮、好みにかかわらず非難しかつブーイングを擁護する言動をする人がネットで散見して極めて残念だったので。横審や親方関係の方は、白鵬の15日間をちゃんとよく見て立派と認め、いなしを過剰に貶めなかったのは、その辺り競技者目線ももち、一歩引いた立場にあるだけあると思う。

白鵬に関しては、手を変え品を変えでやはり強いですな。苦戦した時も合ったが、嘉風戦のつっぱりで相手を懐に入れずに倒し切ったり(あのダメ押しに関しては、嘉風が土俵から出る前に次の技の体勢に入ってたっぽいから白鵬を非難するのは厳しいかなぁと思う。隠岐の海に関してはあかんけどね。流血? 八百長でなく真剣勝負なんだからありうることやろ?)、張り手からのかち上げを完成させて、稀勢の里、豪栄道、鶴竜をほぼ電車道で倒しきりで、初戦の負けは何だったんだっていう強さでしたな。千秋楽も、格闘技でよく見られる相手の視界を手で塞ぎつつ、華麗ないなしで相手の突進を受け流したのはさすが。日馬富士が無駄な突進しすぎて、何もしてないのに落っこちたのが、アレな結果につながりましたが。

稀勢の里に関しては日馬富士に負けたのが何やってんだッて感じでしたな。白鵬には勝つのは難しいにせよ、怪我がひどかった日馬富士には勝って欲しかった。29だから横綱を目指すなら、そろそろ焦らないといけない時期だし、何にせよ2連続で優勝するくらいの気持ちでがんばってほしいもんです。豪栄道、琴奨菊も同上。横綱になるなら勝たねばならぬ。

時に、一部の相撲ファンの方々は、真剣勝負を楽しむ余裕が無いのかもしれないなぁと思いながら。真剣勝負なら、流血程度で騒ぐもんでもなく、きれいに技を決める変化も柔道の一本のように楽しい物だと思うのだが。後、真剣勝負は常に面白い試合になるわけでも自分ごのみになるわけでもなく、そこはファンとして呑込なまいと、今度は八百長がまた横行するようになるわけで。姿勢としてファンを楽しませる相撲を取るというのは大事だが、横綱相撲がどうたらとそれを過剰に求め過ぎる一部の意見には賛成出来ないし、品格や相応しくないなどという過剰な暴言も見受けられるのは本当に残念、ブーイングに至っては大概にした方がいいと思う話である。

後、9-6、8-7で無理に横綱相撲何ぞ取るより、13勝以上目指して完璧に勝った方が横綱らしいし、そも変化一本槍で勝てるものでもなく、牛のような押し合いだけが相撲ではなく、読み合いも真剣勝負の醍醐味じゃなかろうか。散漫になってきたのでこんなところで。
page top
今年のRIZINはどうなるかなー
どうも皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年的には和製SLG好きとしては信長立志伝がついに発売するのでばんじゃーいと言ったところ。太閤で自由プレイみたいのがないのが残念ですが、まぁ致し方なし。武将プレイオンリーですが、果たしてどうなりますか。あまり過度な期待をせず、さりとて雛形としていい感じのゲームになるといいにゃー。

さてお代ですが、格闘技のrizin見たよ~という話。地上波に格闘技が復活してめでたいが、そう手放しにも喜べんかな―というのが正直な感想。話題性を重視しすぎで、試合内容が二の次になっている感じがあるのを改めてほしいなと。今の選手なんてしらねーみたいな非ファンや私のような半端なファンの人にも注目してもらうためには仕方ないのは分かりますし、復活したばかりですから何にせよですし、大晦日の地上波でさいたまスーパーアリーナのような大舞台で行う興行に見合う内容かどうかって問題がある思うので。

引退した選手やすでに旬が過ぎて名前だけの選手、話題性だけでまだ基礎ができない選手などはだけに頼らないようにと。話題性は必要ですけどね。話題性やストーリー性を無視すると、私みたいな半端なファンは見てくれませんしね。幾ら上手い試合でも、ポイント重視の戦いとか寝技で塩漬けされると辛い。よほど余裕の強さがないと、倒す姿勢がないとつらいわけで。

それに、いい試合もありましたが。K-1勢の武尊やHIROYA女子格闘技のRENA選手、山本アーセン選手などなどすごかったですしね。アーセン選手は若いしとても期待ですね。とはいえ、あくまで有望株というだけですから、変に重荷を背負わせるようなことのないようにもして欲しいところ。レスリングもやるだろうし。

まぁいきなり試合内容云々も難しいですしね。やっとこさの地上波だし格闘技スポーツとしてちゃんと体制を整えて、日本の格闘技界のほんとうの意味で祭典になれるように、頑張って欲しいですね―。話題性と内容の二つを充実させるために、内外の団体とうまく連絡をとってほしいもんです。後は自前の育成ですか。とりあえずUFCのTUFみたいに密着系のドラマとか色々とやってほしいですねー。
© GomicKomic. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。